お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

身長差30センチカップルあるある! 付き合う時のメリット&デメリットとは

E子

身長差が30センチ以上ある恋人とは、並んで歩いたり夜にハグやキスをする時などに不便なイメージがある人もいると思います。でも、実際のところどうなのでしょうか? 今回は、コラムニストのE子さんにアンケート調査を実施してもらい、あるあるエピソードを教えてもらいました。併せて付き合う時のメリット&デメリットも紹介します。

男性の身長が女性よりもだいぶ高い「身長差カップル」。実はその差が30センチ以上と大きいカップルって、そんなに珍しくありません。

Twitterにてアンケートを取ったところ、約2000人の女性に回答いただき、32%が「身長差30センチの恋人がいたことがある」と回答(※)。約3人に1人は経験ありなのです。

うまく付き合っていけるのかな……? と不安を感じている方も、安心してください。

とはいえ、調査の結果、デメリットもあるよう。そこで今回は、身長差30センチカップルのあるあるエピソードや、メリット&デメリットなどを紹介していきます。

身長差30センチカップルのあるあるエピソード

まずは、身長差30センチカップルのあるあるエピソードを紹介。経験者の皆さんに教えてもらいました。何だかほほえましいものもありましたよ。

(1)並んで歩いている時に顔が見えない

1つ目のあるあるは、並んで歩いている時に顔が見えないというもの。実際に「顔の位置が全然違うため、並んで歩いて横を向いてもそこに相手の顔はありません……」という声が寄せられました。

また、「話しかけても聞こえないから、彼氏が毎度かがんで聞いてくれていた」というエピソードも。これはちょっと不便かもしれません。

(2)ハグをすると女性が呼吸困難になる

「ハグをしたときに女性の顔がモロ、男性のカラダにぶつかりますので呼吸ができません」と、呼吸困難になってしまった女性も。また、「ぎゅっと抱きしめられると鼻が折れそうになる」という声もありました。

顔を横に向けてハグするなどの解決策もありますが、段差がある場所で女性が上に立ってハグすると、ちょうど良い高さに調節できるようです。それはそれで特別感があって、良いかも。

(3)女性からキスしづらい

「単純に高さが届かないため、女性からキスすることができません。男性もかがんで高さを調整する必要があります」というエピソードもありました。

とはいえ、いつも立っているわけではないですから、家でお互い座っていたり、寝転がったりしている時には、女性からキスできるもの。シーン限定でできることがあるというのは、ときめき要素ですよね。

次ページ:身長差30センチカップルのメリット

SHARE