お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

助けて……。女性に聞いた「死ぬほどしんどかった束縛」4選

マイナビウーマン編集部

カップルのトラブルのきっかけになりやすい「束縛問題」。嫉妬や自信の無さから束縛にはしってしまう人は多いですよね。過剰な束縛にウンザリしてしまった女性もいるのではないでしょうか?

今回は未婚の社会女性の皆さんに、「彼氏からされて死ぬほどしんどかった束縛」について具体的に聞いてみました。

(1)スケジュールを把握される

・「毎日どのようなスケジュールかを報告しないといけない」(33歳/建設・土木/技術職)

・「常に連絡してきて仕事のスケジュールや遊びのスケジュールを全て把握されていたこと」(31歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

仕事から遊びまで、全てのスケジュールを把握したがる男性がいるようですね。いつどこで何をしているか、常に把握していないと不安になってしまうのでしょうか。息が詰まってしまいそうですね。

(2)毎日の電話

・「毎日電話されて、切りたくても切らせてもらえなかったとき」(35歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「こまめな連絡が求められたり、必ず電話を毎日すること」(29歳/その他/販売職・サービス系)

毎日寝る前などに必ず電話が来るのは、最初は嬉しくても少々面倒くさいですよね。予定が入っていたり、仕事が忙しかったりと、こちらの都合も考えてほしいですよね。

(3)男性のいる飲み会はNG

・「男友達と飲みに行くとしつこく電話をしてきて、ネチネチと文句を言われる程度」(37歳/その他/販売職・サービス系)

・「職場の男性がいる飲み会に行ったら、嫌な顔」(28歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

男性のいる飲み会に行くと嫌な顔をする男性はいますよね。お酒も入りますし、心配な気持ちはわかりますが、気持ちよく送り出してほしいのが本音ですよね。信用されていないという点も悲しくなってしまいます。

(4)送り迎え

・「仕事の行きも帰りも送り迎えでほぼずっと一緒に過ごしている」(33歳/その他/営業職)

・「友達といった熱海旅行のかえり、熱海駅で待っていたこと」(39歳/医療・福祉/専門職)

送り迎えをしてくれるのは、ありがたいことですが、いつどこにいてもされてしまうと、少々息が詰まりますね。優しさなのか束縛なのかわからなくなります。

束縛のいらない信頼関係を

いかがでしたでしょうか。過度な束縛にはウンザリしてしまいますよね。普段から何かあった際には連絡をとる、などと信頼関係をしっかりと作り上げていきたいですね。

(マイナビウーマン編集部)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2019516日~517
調査人数:308人(2239歳の働く女性)

マイナビウーマン編集部

この著者の記事一覧 

SHARE