お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

脈なし? 「あえて割り勘」にする男性の本音6つ

マイナビウーマン編集部

デートの支払い時の「割り勘」、あなたはどう思いますか? 「さっぱりしていい」とか「ケチかも」とか、女性はいろいろと思うところがあると思います。

そこで今回は社会人男性に「あえて割り勘」にする本音について聞いてみました。

(1)「本命女性じゃないからだよ」

・「この人とは付き合わないなと思った時」(26歳/不動産/専門職)

・「あまり本命の人じゃない時」(32歳/情報・IT/営業職)

本命女性ではないときは、割り勘にするという意見が多数寄せられました。お金には限りがありますので、本命女性だけに払ってあげたいと思うのが男性の本音のようです。

(2)「ちょうど今、お金がない!」

・「その月の経済状況」(34歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

・「お金がない。もしくはその後もどこか行くところがあり、お金がかさむ」(26歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

単純にお金の余裕がないときは割り勘をするという意見です。見栄は張らず、無理にごちそうしたりもしないようですね。

(3)「将来を考えているから」

・「もし今後結婚したいという相手であれば、お互いが今後も割り勘ができるかどうかそこで分かると思うので」(32歳/学校・教育関連/クリエイティブ職)

・「将来を見据えた場合、金銭感覚を整える」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

「その人との将来を見据えて」という理由のようですね。結婚しても夫婦でお財布は分けたい男性も多いようですので、割り勘でも納得してくれる女性かを試しているという側面もあるのでしょうか。

また、結婚資金を貯めるために「お互い協力していきたい」という意見も見られました。

(4)「対等なんだからおごったら失礼でしょ」

・「相手を自分と対等な大人として見ているから」(32歳/その他/事務系専門職)

・「対等な立場だと思っているので一方が負担するのは気まずいから」(30歳/農林・水産/その他)

女性だろうが、対等な関係として見ているからこそ、支払いは割り勘にするという意見もありました。「ごちそうする」のは、強い立場の人が弱い立場の人に行う行為という見方も。

(5)「彼女はどう思うのか知りたい」

・「割り勘にした時の表情を確認するため」(33歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「どんな反応を見せるのか知りたい」(29歳/機械・精密機器/事務系専門職)

割り勘という言葉を出した時に、女性がどんな反応をするかを確認するため、あえて割り勘するという男性もいました。自分が女性にどう思われてるのか、知りたいと思うのでしょうか。

(6)「奢る気持ちがなくなった」

・「デートが楽しくなかったから」(30歳/その他/販売職・サービス系)

・「つまらなかったり、図々しいと感じた時」(29歳/その他/技術職()

その日のデートや食事の過ごし方がつまらないと感じたときは、割り勘を選択する男性も多く見られました。女性が食事中にケータイをいじっていたり、ずっとブスッとした表情だったりすると、一緒にいる時間が楽しくなかったと感じたんでしょうね。

割り勘の理由はいろいろ

本命女性でなければ割り勘、将来を考えているからこそ割り勘など考え方はさまざま。

一つ言えることは「割り勘にされるかどうかで、男性にどう思われているかは判断できない」ということ。脈があるかを知りたい場合は、それ以外の行動で見極めるのが良さそうですね。

(マイナビウーマン編集部)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2020年 10月23日~10月24日
調査人数:226人(25~34歳の働く男性)

マイナビウーマン編集部

この著者の記事一覧 

SHARE