お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

正しいオンナの落とし方! 女子が「好きになっちゃう男のアプローチ」6つ

松葉暁

好みではない男性からのアプローチ。うれしいけれど、ちょっと困ってしまったこと、ありませんか。

でも、実際には「好みではないけど」といいつつ、男性からの強いアプローチをうけ、お付き合いをスタートさせるカップルはたくさんいます。

今回は好みではない男性にアプローチされて、好きになってしまった経験がある人に、その理由を聞いてみました。

(1)会う頻度が多かったから

・「向こうからお誘いがたくさんあり、ふたりで会う機会が増えて、頼りになるところに魅力を感じた」(31歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「アプローチ内容は、とにかく会う機会を増やそうと何度も誘われたこと。交際を決めたのも、その熱い想いに折れたため」(27歳/商社・卸 クリエイティブ職)

一般的に会う回数の多い人ほど、その人に好意を抱きやすいと言われています。また、単純に何度も会うことで彼の良さに気がつき、好きになることもありそうですよね。

(2)押し切られたから

・「ガンガン来られてデートをして押し切られた」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「(私が)押しに弱いので、とにかく押されると気になります。誰でもいいわけではなくて、なぜ私を好きなのか、これという理由が揺るぎなくあると、自分のことをちゃんと見てくれているんだなと好感が持てます」(25歳/医療・福祉/専門職)

何度も何度もアプローチされ、押し切られたという意見も多数ありました。女性は意外に推しに弱いのかもしれません。

(3)こまめに連絡をくれたから

・「こまめに気にしてくれる」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「一切触れてこないのに、まめに連絡をくれて送り迎えやプレゼントをされて」(28歳/その他/販売職・サービス系)

こまめに連絡をもらうと、なんとなくその人のことが気になってしまいますよね。また、ただ連絡をするだけでなく、自分のことを気遣ってくれると気持ちが傾くという声が。

(4)「とりあえず付き合う」でいいと言われたから

・「何度か告白されて、『付き合っていくうちに好きなってくれたら』って言われて付き合った事がある」(28歳/医療・福祉/専門職)

とりあえずでいいから付き合って欲しいというアプローチに応えたパターンです。お付き合いしてみてわかることもたくさんありますよね。その結果、相手のよさに気づいた人もいるようです。

(5)一途に思ってくれたから

・「見た目はタイプじゃなくても、一途に想ってくれているのがわかったとき」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「彼氏がいることを知っていても、そっと見守りながら『いつでもこっちにこい』と待っていてくれた」(26歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

やはり、相手からの一途な気持ちが伝わってくると嬉しいですよね。「愛される幸せ」を感じることができそうです。

(6)結婚相手としての魅力を感じたから

・「タイプではないが、結婚相手としては良いかもしれないと条件で考えてしまったから」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「生理的に無理ではなかったことと、顔は好きではなかったけど体型が好きだった。 真っ直ぐに素直に向かってきてくれる感じがかわいくて、この人と付き合ったら結婚するだろうなと思えた(27歳/医療・福祉/専門職)

結婚相手として、という観点からの少し打算的な意見。長年お付き合いしていても、結婚したら嫌いになったなんて話もよく聞きますから、結婚をしようと考えているのなら、「あり」なのかもしれません。

タイプでない人からのアプローチでも考えてみよう

好みではない男性からのアプローチなのに、思わず好きになってしまったきっかけを聞いてみました。

好きでもないのに、思われぶりな態度をとったりすることは女性としての品位を損ないそうですが、思ってくれる相手と真剣に向き合うことは、重要なことかもしれませんね。今まで気が付かなかった彼のいいところがみつかり、惹かれているのならハッピーです。

(松葉暁)

※画像はイメージです

※ マイナビウーマン調べ
調査日時:2020年4月11日~4月12日
調査人数:334人(25~34歳の働く未婚女性)

松葉暁

この著者の記事一覧 

SHARE