お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

女性が「選ぶ側」になってもいい。初代バチェロレッテ・福田萌子インタビュー

マイナビウーマン編集部

取材・文・編集:高橋千里/マイナビウーマン編集部
撮影:須田卓馬

「今度は、女が選ぶ番」。

目を引くキャッチコピーが2020年3月に公開されてから、早6カ月。

未曽有の事態が起きて、私たちの日常生活が大きく変わっていく中でも、「恋をしたい」「結婚したい」という欲求がなくなることはなく、むしろ今まで以上に人同士の心のつながりを求めるようにもなった。

10月9日にAmazon Prime Videoで配信がスタートする『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン1は、1人の女性の揺れ動く恋愛模様を描いた婚活サバイバル番組だ。

初代バチェロレッテに選ばれたのは、モデル・スポーツトラベラーの福田萌子さん(33歳)。大地主の家系に生まれた生粋のセレブ育ちの彼女を、年齢も職業もさまざまな17人の男性参加者たちが奪い合う。

今までのバチェラーシリーズは「男性が女性を選ぶ」構図だったが、今回は真逆。「女性が男性を選ぶ」という境遇に置かれた時、私だったらどんな選択をするだろう?

今回は、バチェロレッテの撮影を終えた福田萌子さんにインタビュー。番組内で男性を選ぶ際に大事にしていた選択基準、今のリアルな結婚観について聞いた。

女性が選んだっていい。それを伝えたかった

——まず、福田萌子さん(以下:萌子さん)が「初代バチェロレッテ」として番組出演オファーを受けた理由を教えてください。

最初にオファーをいただいた時は、正直ためらいました。だって「自分の恋愛を他人に見せる」って、私たちが住んでいる国ではあまりないことじゃないですか。日本は「恥じらい」の文化なので。

——自分の恋愛を他人に見せて、SNSなどでいろんな意見を言われるのは、不安や恐怖もありそうです。

すごく勇気のいることだし、戸惑いもありました。だけどそれと同時に「面白そう」とも思ったんです。

なぜなら、今までにしたことのない経験だから。17名の男性が、私に会いに来てくれて、公開お見合いみたいなことをするって、なんて面白いんだろう。自分の感情がどう動くか予想もできないし、興味が湧いたのを覚えています。

——不安より、好奇心が勝ったんですね。

そうですね。あとは「女性は男性に選ばれるだけじゃなくて、選んだっていいんだよ」ということを、自分が人前に出ることで、世の女性たちに伝えたかったんです。

——まさに、今回のバチェロレッテのコンセプトですね。

一昔前だと、女性は社会に出ずに「家を守る」のがお仕事でしたよね。だけど今は、女性も外に出て、男性と同じように組織の中で働いている。男性と対等に話して、キャリアを積むことができる。

恋愛だって、女性が選ばれる側じゃなくて、選ぶ側になってもいい。受け身なだけじゃなく、自分からアグレッシブに攻めたっていい。愛情を表現したっていい。

私がバチェロレッテでそういった恋愛観を見せることで、女性視聴者の皆さんに勇気を与えるきっかけになったらいいな、何かを感じてほしいなと思ったんです。

毎回ローズを渡すのは「私を本気で想っている人」

——バチェロレッテでは、萌子さんが男性17人の中から最終的に1人の結婚候補者を決めるまでのストーリーが見所です。男性参加者たちとのコミュニケーションで、心掛けていたことはありますか?

私は基本的に、パッと見の印象より、相手の内面を見るようにしていました。なるべく「印象」という先入観を持たないようにして、お話しをする。

話す時間が増えるほど、内面をどんどん知ることができるので、できるだけ一人一人と会話する時間を多く取るように心掛けていましたね。

——となると、最初のローズを誰に渡すか、迷いませんでしたか?

もう、本当に大変でした(笑)。最初は17人もいて、全員の方とお話しできたわけではなかったので。もちろん、お話しできずにさよならした方もいます。

その方たちは私に話し掛けてくださらなかったんですよね。それができなかったのかもしれないし、タイミングが悪かったのかもしれないけど。

私がその方たちを見て嫌だと思ったわけでもないので、そんな状況でさよならしなきゃいけないのは、心苦しかったです。

——それから回を重ねて、男性人数が絞られてきた時は、どのような基準で選んでいましたか?

毎回ローズセレモニーの時にローズを渡すのは、「私を本気で想ってくれている人」。いつも「私のことが好きなのは誰なんだろう?」と考えながら、皆さんと接していました。

もちろん誰が一番っていうのは測るべきじゃないと思うし、それぞれが愛せる量は違いますよね。だけど、24時間の中でどれだけ私のことを真剣に考えてくれているか。それを見極めながら、ローズを渡し続けました。

うまくいかなかった恋愛は、自分の経験値

——萌子さんは予告映像で「今までの恋愛がうまくいかなかった」とお話しされていましたが、過去の恋愛で学んだことや、バチェロレッテに生かしたことはありますか?

過去の恋愛は全てが学びでしたね。結果としてはうまくいかなかったけれど、その時に真剣に向き合っていたからこそ、「お互いの人生にとって必要な人ではない」と気付くことができた。良い経験になりました。

それを繰り返す中で「じゃあ、自分にはどういう人が合うんだろう?」「自分の人生には、どういう人が必要なんだろう?」と考えることができたから、絶対に失敗じゃない。自分自身を知るための経験値だったと思っています。

——経験値、すごくすてきな考え方ですね。

だからこそ、次に出会う人とはもっともっと深く分かり合えるだろうと信じて、バチェロレッテに参加しました。

——きちんと自分の中で過去の恋愛を分析して、それを成長の糧にしているのはすごいと思うんですが、萌子さんはお別れした相手への情を引きずることはあまりないんですか?

ありますよ! そんなの、たくさんあります(笑)。

そういう時って、感情と思考が一致していないんですよね。頭の中では「この人と一緒にいても、私は苦しくなって、ダメになる」と分かっているのに、一人になるのが寂しかったり、彼への情を引きずってしまったりする。

——分かります。恋人と別れた直後なんか、そういう感情になりがちです。

そういう時は、感情をコントロールするんです。苦しい思いをして、日常生活に支障が出るのであれば、それは自分にとってネガティブなもの。心を鬼にして手放すべきですよね。

もちろんその過程ってつらいから、私も毎日泣いたりとか、そんなこと過去にたくさんある。だけど結果「今が一番良い」と思ってるから、その方たちとはお別れして良かったです。

最後のローズは、情熱的な想いで渡した

——過去の恋愛経験を経て、萌子さんが今一番男性に魅力を感じるポイントはどんなところですか?

「強さ」がある男性には惹かれますね。

——いろいろな「強さ」があるかと思いますが、萌子さんが思う「強さ」とは?

私が思う「強さ」は、自分自身を知っていることです。自分が得意なことや、弱い部分、もっと成長させなきゃいけないところ。自分が完璧じゃないことも知っているから、大きくは見せないし、小さくも見せない。

これらは私が普段から心掛けていることでもあるので、同じような「強さ」を男性にも求めてしまうのかもしれないですね。全然背伸びしなくていいし、できないことはできなくていいので、自分自身をちゃんと知っている人、がいいな。

——バチェロレッテでは恋人としてだけじゃなく、「結婚相手としてどうか」を考えることも多かったと思います。そういう点で、相手を選ぶことに慎重になりませんでしたか?

うーん……。女性みんな一度は考えることだと思うんですけど、結婚相手は理性的に考えて決めた方がいいのか、勢いで決めた方がいいのか、とかは考えましたね(笑)。

——よく「恋愛と結婚は別」ともいいますが、そのあたりも悩むポイントかと思います。

そう、そこなんですよ。「恋愛と結婚は別」と言う人もいれば、「恋愛の延長線上に結婚がある」と言う人もいる。私はどっちなんだろうというのを、バチェロレッテに出る前からずっと考えていて。

私はきっと、どっちでもいけると思っていたんです。「この人と一緒にいる」と決めたら、情熱的な愛がなくても一緒にいられるだろうし、逆に情熱的な愛があっても、ずっとそのままコミットしていけるような気もしていました。

——すごく柔軟なんですね。

だけど柔軟すぎるから、逆に分からなくなってしまって……。でもバチェロレッテの撮影を終えた今言えるのは、私は情熱的な人間で、愛を追いかけて結婚したいんだと思います。

——最後にローズを渡した1人も、とても情熱的な想いで選ばれたんですね。

そうですね、情熱を持って決断を下しました。自分で決めたことにはいつも自信と責任を持っています。

——最後に選んだ相手が誰なのか……、今から本編が楽しみです!

INFORMATION

『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン1

『バチェラー』の男女逆転版、『バチェロレッテ』は世界10カ国以上で愛されている恋愛リアリティー番組。その『バチェロレッテ』の日本版『バチェロレッテ・ジャパン』をAmazon Prime Videoが見放題独占配信。誰もが憧れる1人の独身女性=バチェロレッテを、年齢、職業、容姿、性格もさまざまな複数の男性が奪い合う婚活サバイバルが幕を開ける。

>番組はこちら

マイナビウーマン編集部

この著者の記事一覧 

SHARE