お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

復縁するには。可能性が無いパターンと成功するパターンの違い

ウイケンタ(コラムニスト)

復縁が失敗するパターン

「復縁したい」という気持ちの根底にあるのが執着ではなく、なおかつどんな困難も受け入れる覚悟がある場合、復縁に向かって進んでいけば良いと思います。

そして、復縁するためには、まず「どんな別れ方だったか」の確認をしましょう。実は、復縁が成功するも失敗するも、別れ方や別れた後の対応に大事なポイントがあります。

まずは、復縁が失敗するパターンについて挙げていきます。

(1)「嫌いになったわけじゃない」と言われた場合

彼と別れる際に「あなたのことは嫌いになったわけじゃないけど、2人のために、このまま一緒にいるのは良くないから別れよう」という意味のことを言われてしまった場合、復縁は無理です。

このフレーズを使って恋人と別れる人は「自分は悪者になりたくないけど、どうにかして別れたい」という残念な思考の持ち主なのです。それなのにフラれた側は「嫌いになったわけじゃないってことはやり直せるかも……」という期待を抱いてしまうわけです。

この場合、フル側には別れたい本当の理由があります。それを言えないだけです。その言えない理由は、もう違う人のことを好きになっているとか、割と復縁の可能性が無いものばかりです。つまり、もう復縁は不可能なのです。

(2)別れと復縁を繰り返している場合

何度も別れては復縁してを繰り返している場合も、復縁は難しいでしょう。あなたは「前もやり直せたんだから、次もやり直せるはず」と信じているかもしれませんが、結局うまくいかない可能性が大きいです。

「恋人に別れを告げる」ということは、言い換えると「もう私にはあなたに対する愛情が薄れてしまいました。この先の私の人生に、あなたの必要性を感じないということです。恋人関係を解消したいです」ということですよね。

告白が「全肯定」であるとすれば、別れは「全否定」と言っても過言ではありません。これは決して大袈裟な表現ではなく、恋人と別れるということは、それくらいのことを相手に伝えるということなのです。

それなのに、簡単に復縁してしまう場合、そのほとんどはすぐにまた別れます。なぜなら、他人同士が恋人という関係で一緒に生きる意味について真剣に向き合わず、何となくその場の気持ちばかりに流される恋愛をしているから。復縁してもうまくいくはずがありません。

次ページ:復縁が成功するパターン

SHARE