お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

上手な「伝え方」とは。人間関係を円滑にする言い方のコツ4つ

ぱぴこ

コミュニケーションを取る上で、特に大事な「伝え方」。自分の伝えたいことを上手く伝えられるかどうかで、人間関係や仕事の進捗にも差が出ます。どうすれば上手な伝え方が身に付くのでしょうか? 外資系企業で働くコラムニストのぱぴこさんに聞いてみました。

マイナビウーマンで結構な数の「仕事にまつわる記事」を書いていますが、その中でもコミュニケーション関連の記事は多いです。ど直球で「コミュニケーション能力とは? 」という記事も書きました。

「依頼が多い=悩んでいる人が多い」という図式です。ビジネス曖昧語ながら「コミュニケーション能力」は、それだけ重視されているのでしょう。

特に「伝え方」は、報告・プレゼンテーション・商談・調整・日々の会話など多くの場面でその人の見え方に直結するため、上手な伝え方を身に付けたいものですね。

仕事において「伝え方」が大事な5つの理由

「コミュニケーションが大事」「伝え方が重要だ」。ありふれた言葉ですが、ありふれるほど重要なことともいえます。なぜ、仕事において伝え方が重視されるのでしょうか。

(1)自分の意図が正確に伝わる

「上手な伝え方」というと、柔らかいニュアンスや人と衝突せずにやり過ごすなどの受動的な印象を受けませんか? しかし「伝え方」を考える上で最も重要なことは、「自分が伝えたいことが、齟齬なく相手に伝わるか」です。

回りくどい言い方や、結論が分からずに議論がまとまらないなどの「無駄」を省くためにも上手な伝え方が重要なのです。

(2)不要なもめ事を生まない

「言い方が悪い」といった批判は本質的ではありませんが、同じメッセージを発していても伝え方によって衝突が発生することはあります。自分の伝えたいことが上手に伝えられると、意図しないもめ事を避けることができます。

(3)スムーズに仕事が進められる

「上手な伝え方」とは相手にとって心地良いコミュニケーションであるともいえます。

理解力が乏しい、重箱の隅をつつくようなことばかり言ってくる……などの厄介な相手にも心地良いコミュニケーションを提供することで、スムーズに仕事を進めることができます。

(4)信頼・信用を引き出せる

「伝え方が上手い」と意思疎通がスムーズになるだけでなく、相手から見て「分かりやすく話してくれる人」になります。それが信頼につながり、信用される人間になれます。

(5)相手のモチベーションを下げない

「宿題やりなさい!」「今やろうと思ったのに!」論争は家庭内での言い方問題の代表例ですが、「やってほしいこと」をそのまま伝えた結果「期待している行動」につながらないことはよくあります。

伝え方が上手であれば、相手のモチベーションを下げず、むしろ上げる形でのコミュニケーションが取れます。

次ページ:仕事で使える上手な伝え方

SHARE