お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

察するとは? 察する能力を鍛える必要はあるのか

トイアンナ

「察する力」は必要なのか?

海外でもあまり移民がおらず、同じ文化的背景を抱えた国民が多く住む地域の人は、「察する力」を大事にしているように個人的には思います。逆に、アメリカで察する力が浸透しないのは、生まれも育ちもバラバラな人が集まっていて、「察する」前提での会話なんて成り立たないからでしょう。

ですから、日本では「あの子は気が利かない」なんて言われている人は、極端な話アメリカに移住しちゃえば結構ハッピーに暮らせるんじゃないかと思っています。

もちろんアメリカにはアジア人差別とか、都心部のバカ高い家賃とか嫌な問題もありますが、少なくとも「何が正解かも分からず、凍る空気」「最初は優しくしてくれたチームが、徐々に自分に冷たくなっていく」といった、察する力の低い人が味わう苦痛はかなり減ると思われます。

次ページ:察する力の身に付け方とは?

SHARE