お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

いつ? プロポーズのタイミングが分からない男性たちへ

ひろん

彼女にプロポーズしたいけど、いつすればいいのか、どんなふうにすればいいのかって分からないものです。真剣交際中、タイミングを逃したくない男性に向けて、恋愛・婚活コンサルタントのひろんさんが、気になる女心を交えながら解説してくれました。

結婚したいほど大好きな彼女がいるけど、付き合って半年でプロポーズをしたら早すぎるのか!?

プロポーズするなら負け戦はしたくない!

どうせなら彼女に感涙してほしい!

でも、女心が分からない!

……と悩みを抱える男性も多いのではないでしょうか。

そんな悩める男性陣のために、妙齢女子の乙女心をまとめてみたいと思います。

付き合ってどのくらいで、プロポーズしていいもの?

彼女とずっと一緒にいたい! 結婚したい! という気持ちを固めたものの、

「プロポーズはまだ早すぎる?」
「彼女にそもそも結婚願望があるの?」
「焦って失敗したくない」

と、および腰になってしまう男性陣は多いものです。

まずは、多くの女性にありがちな結婚観をご紹介しておきましょう。

20代前半の若い女性なら「付き合って3年ぐらいは様子を見て、仕事がひと段落してから……」と、のんびり考えており、結婚がまだ現実的なものとして捉えられていない場合もあるでしょう。

しかしながら、女性も27歳ぐらいになると、周りの友人たちがぼちぼち結婚し始める第一次結婚ラッシュを迎えます。30歳ぐらいで第二次結婚&第一次出産ラッシュ、34歳ぐらいで第三次結婚ラッシュ……と、年齢を重ねるごとに未婚の友人が減っていくもの。逆に既婚子持ちの友人が増え、「次は自分かな?」と真剣に考えるようになる人も多いです。

そのため、あなたの彼女が25歳以上なら、もしかすると付き合う時点で結婚が視野に入っている可能性も十分にあり得る話。

つまり、自分が「結婚したい!」と思ったタイミングで即プロポーズして全く問題ありません。多くの場合、すごく喜ばれるのではないでしょうか。

好きだから付き合っているんです。

大好きな彼氏にプロポーズされたら、そりゃうれしいに決まってるじゃないですか。

中には女性から「結婚」というキーワードを出すことで「重い女と思われそうで怖い」と、結婚したい気持ちを表に出すことができない女性も多いもの。

できることなら彼氏にリードしてもらいたいと考える女性もたくさんいます。

たとえ今すぐに結婚とはならなかったとしても、「ずっと一緒にいたい」そう想ってくれている……、乙女心としては、その真剣な気持ちそのものがうれしいんです。

次ページ:女性が喜ぶプロポーズとは?

SHARE