お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【夢占い】恋愛運を示す「子猫の夢」の意味22個

マリィ・プリマヴェラ

夢の中の子猫は「愛情やピュアな心」の象徴。大人の猫の夢は恋愛トラブルなどを示すのに対し、子猫の夢は比較的良い夢であることが多いそうです。今回は、占い師のマリィ・プリマヴェラさんに子猫の夢の意味を解説してもらいました。

子猫は、存在そのものが愛らしく、つい撫でたり抱いたりしたくなるもの。眺めているだけでも飽きませんよね。

そんな子猫が夢に出てきたら、どんなことを意味しているのでしょうか。

色、数、あなたが子猫に取った態度、子猫の状態など、夢の暗示をさまざまな角度から読み解いていきましょう。

目次

夢の中の子猫は「愛情やピュアな心」の象徴

猫の夢といっても、それが成猫なのか子猫なのかで意味することが違ってきます。

大人の猫の夢は、基本的に警告夢。トラブル、嫉妬、手ごわい恋敵など、良くないことを暗示しています。

一方、夢の中の子猫は成猫とは違って、愛情、ピュアな心、子どもっぽさなどの象徴として登場します。

例えば誰かに甘えたい気持ち、褒められたい願望などが子猫という姿を借りて夢に出てくるというわけです。言ってみれば、愛情を欲しがる気持ちが表れるのが子猫の夢なのです。

この夢が吉夢か凶夢かの区別をつけることは難しいのですが、どちらかというと吉夢寄りといえるでしょうか。もちろん夢のシチュエーションによっては吉夢とはっきり言い切れない場合もあり、凶夢と断定されることもあります。

次ページ:子猫の色で分かる暗示とは?

SHARE