お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 メンタル

素直になれない原因は? 男女別心理と素直になる方法

ながせなみ(心理カウンセラー)

あなたが素直になれない理由とは? 男性と女性で異なる原因を心理カウンセラーのながせなみさんが解説。素直になるコツを紹介します。

自分の気持ちに正直な人や、まっすぐな印象を与える人のことを「素直な人」といいます。

この反対に位置するのが「素直ではない人」。つまり、「あまのじゃく」や「ひねくれ者」などと呼ばれる人たちのことですね。では、そんな人も努力をすれば素直な人になれるのでしょうか。

今日は、素直ではない人の共通点と、そこから紐解く素直になるコツを紹介します。あまのじゃくな自分に悩んでいる人は、参考にしてみてください。

素直になれない人に見られる3つの共通点

まずは、素直ではない人の共通点から紹介しましょう。

(1)小さなもめ事から大げんかに発展する

1つ目の共通点は、小さなもめ事がどんどん大きくなっていくことです。

これは、素直に謝らないことが原因だと考えられます。素直でない人は、心の奥では「自分が悪い」と分かっていても、素直に「ごめんね」と言えないのです。

「この人は素直じゃないから」と理解し、受け入れてくれる相手なら大げんかにまでは発展しないかもしれません。しかし、仏の顔も三度まで。けんかをするたびに全く謝らないとなれば、いずれ相手に愛想を尽かされてしまう可能性は高いでしょう。

(2)好きな人に優しくできない・浮気されやすい

2つ目の共通点は、好きな人に優しくできないこと。これも、自分の気持ちを上手に表現できない人ならではの特徴です。

「ツンデレ」と呼ばれる人に似ていますが、ちょっと違います。

ツンデレとは、人前ではツンツンしているのに、恋人と2人きりになるとデレッとする(甘える)人のこと。素直でない人は、この“デレ”の部分が極端に少ないのです。

そのため「もう私(俺)のこと好きじゃないのかも」と恋人を不安にさせることもしばしば。恋人が不安がっていても上手にフォローできず、浮気をされてしまうケースも少なくありません。

(3)本音で付き合える相手が極端に少ない

素直になれない人には、本音で付き合える相手が極端に少ないといった特徴もあります。

というのも、素直になれない人は自分の気持ちを表現するのが苦手なため、本当はうれしいのに怒って見せたり、本当は悲しいのに笑って見せたりするからです。

相手は常に本心を探りながら付き合う形になるため、素直になれない人のそばにいると疲れてしまいます。

また、「本音で付き合いたい」と思う人ほど本心を見せない相手に寂しさを感じ、深い関係には発展しづらいのです。「気付けば周りには上辺の付き合いをする人ばかり……」そんな状況も珍しくないでしょう。

次ページ:男女で違う「素直になれない理由」

お役立ち情報[PR]