お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 結婚

寂しさに悩む全ての「独女」に伝えたいこと

トイアンナ

独女、毒女――。独身女性がこう略されて呼ばれるようになって数年。結婚できないという焦りや、孤独に悩む全てのシングル女性へ、不安との向き合い方をコラムニストのトイアンナさんが届けます。

独女――。独身女性がこう略されて呼ばれるようになった当時、独女は必ず「既婚女性」との対比にさらされてきました。そのまま当て字で「毒女」とも自虐的に書かれてきたシングルの女性たち。

統計では7人に1人が、生涯独女で過ごすとされています。ですが、これは現在の数字。これからは、生涯独女の女性が5人に1人まで増えると言われています。

聞くだけで辛くなる「独女あるある」のバッシング

そして、独女でいることがあたかも「罪」「人として劣っている」かのように言われたのは、昔話ではありません。

頻度は減ってきたものの、古いメンタリティの人からは「35歳で未婚の人は何かがおかしい」と差別的に言われるからです。

そりゃ、日本人のほぼ100%がお見合い結婚していた時代に、あえて独女を選んだ先進的な女性は変わり者だったでしょう。でも、5人に1人を欠陥品扱いって、感性が古くない?

2020年はごく普通の女性が独女として生きていくのに、1970年代で脳みそが止まっている方がいらっしゃるのが、しんどいところです。

その他にも、

・結婚しないだけで、親が悩み始める
・職場で子あり家庭の社員が残した仕事を押し付けられてモヤモヤ
・「もったいない、美人なのに!」と言われて何だか不快になる

などなど、独女ならではのモヤモヤがたくさんたまっていくわけです。

独女はなぜ肩身が狭い?

では、なぜ独女だけこんな目に遭わされるのか。

それは、「人生のステータスが変わり続けること」が大人になる証だと信じさせられるからではないでしょうか。私たちは小学校、中学校、高校と進むように、未婚が既婚になるよう指導されます。既婚になったら次は子どもと、ステータスにはキリがありません。

そして、順調に道を歩んできた女性ほど、結婚という「次のステージ」を求め焦ります。また、結婚している女性が何となく「独女を心配するふりをしつつ安心する」のは、よくあるマウンティングです。

「あの子、美人だけど男を見る目が厳しいからね」
「いつまでも若いつもりだから」
「でも、友達だから心配してるんだよね」

と、独女を心配するテイで見下し、結婚した自分を肯定したい“既女”勢がいるわけです。

次ページ:独身じゃダメですか?

お役立ち情報[PR]