お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

在宅勤務でサボってしまった人の割合は? 自宅で集中する方法

高見綾(心理カウンセラー)

在宅勤務中、ついサボってしまった経験はありませんか? 会社勤務の場合と同じパフォーマンスを求められても、なかなかうまくいかないのが本音。今回は、自宅で仕事に集中する方法を心理カウンセラーの高見綾さんに解説してもらいました。

会社にいる時には大丈夫だったのに、在宅勤務になった途端「全然集中できない!」なんてことに悩まされていませんか?

ついついスマホを見たり、お菓子をつまんだりしてサボってしまう……。

多くの人は、なぜ家だと仕事に集中することができないのでしょうか。今回は、心理カウンセラーの視点から「自宅で仕事に集中する方法」を紹介します。

在宅でサボった経験は? 働く人たちの本音

サボってはいけないと分かっていても、誘惑の多い在宅勤務。集中できない悩みを抱えているのは、きっとあなただけではないはずです。

マイナビウーマンで以下のアンケートを実施したところ、3人に1人の働く女性が自宅でサボってしまったという結果が見えてきました。

Q.在宅勤務中、つい仕事をサボってしまったことはありますか?

ある(34.6%)
ない(65.4%)
※有効回答件数361件

 

 

なぜ家だと仕事に集中できないのか

そもそも、私たちはなぜ在宅だと仕事に集中できないのでしょうか。

(1)誘惑が多い

職場は仕事をするための場所ですが、自宅はそうではありません。

冷蔵庫、テレビ、ソファなど、生活に必要なものや、ゲーム、マンガ、雑誌などリラックスするためのものがたくさんありますよね。

スマホやネットも職場では自由に見ることができませんが、自宅ならいつでも、どれだけでも見ることができます。

誘惑が多いので、気付いたらお菓子をつまんでSNSを見ていた……なんてことも。

(2)時間が区切られていない

会社勤務だと、9時~18時が勤務時間で、12時~13時はお昼休みというように、ある程度時間の区切りが決まっています。

ところが在宅勤務になると、通勤のための時間も必要ありませんし、仕事に使う時間にも融通が利きます。「この2時間で仕事をするしかない! 」となれば集中できるのですが、自由時間がたっぷりある状態だと、案外ダラダラしてしまうものです。

また、休憩時間に掃除や洗濯などをしてしまうと、プライベートと仕事の切り分けがなくなり、集中力が落ちます。「あれもしなきゃこれもしなきゃ」と気が散ってしまい、時間を消費し、「結局何もできなかった」という事態になってしまうのです。

(3)緊張感がない

職場は上司や同僚、部下などの「人の目」がある状態です。

「誰かに見られている」という意識は緊張感を生み、集中する手助けをしてくれます。ところが自宅は、リラックスするための場所であり、人の目がありません。

すると、「まあいっか」と、楽な方に流されてしまいがち。サボっても誰も注意してくれないので、自分で律する必要が出てきますね。

次ページ:在宅勤務中、集中力をUPするには?

SHARE