お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

人間関係のストレス度をチェック! イライラの心理的原因と5つの解消法

大塚統子(心理カウンセラー)

人と人が付き合っていく中で、どうしてもストレスは感じてしてしまうもの。でもなるべくなら、ストレスを感じないようにしたいですよね。心理カウンセラーの大塚統子さんが語るストレスを溜めないための方法と解消法は、すぐ真似できるものばかり。ぜひチェックしてください。

悩みの内容に差はあっても、「人間関係に悩まない人はいない」と断言できます。悩んでいるのは自分だけではありません。

人間関係は、仕事の関係者や家族のようにリアルに顔を合わせる人のこともあれば、最近ではSNSやネトゲなど非対面の人との関係の場合もあります。

会ったことがない人との関係でもストレスは溜まるのです。

人間関係がうまくいっていると楽しくてやる気も出ますが、うまくいかないと悩んで気持ちが沈むでしょう。どんな人間関係を築いているかで生活に大きな影響があるのです。

今回は、あなたが今どれくらい人間関係のストレスを溜めているのかをチェックし、ストレスの原因と解消法を紹介していきます。

あなたの人間関係ストレス度チェック

以下の項目に、いくつ当てはまるかチェックしてみてください。

□自分は人から誤解されやすい方だと思う
□自分が話すより人の話を聞いていることの方が多い
□本当は嫌なことでも断るのが苦手
□人から言われたことの意味を悪く考える癖がある
□休日は人と出掛けるより一人でいる方が好き
□SNSで人の幸せ投稿を見るとイライラする
□言い合いになるより自分が我慢する方を選ぶ
□友達に自分から連絡することは少ない
□人に期待されると応えようと頑張る
□本音や弱音を話せる人がいない

・当てはまるものが7個以上

いつもストレスがある高ストレス状態。ストレスを溜めやすい心理パターンを変えるといいのかも。

・当てはまるものが4~6個

少しストレスを溜めている状態。相手を大切にするように、自分の気持ちも大切にしましょう。

・当てはまるものが3個以下

ストレス度は低い状態。しっかり「自分」があって、人に振り回されることは少ないでしょう。

次ページ:人間関係がストレスになる5つの心理的原因

SHARE