お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 金銭感覚

当てはまると危険!? 浪費癖がある人の心理&直す方法5つ

高見綾(心理カウンセラー)

ほしいものがあると、自分にご褒美と言いながらつい買ってしまうなんて人も多いのでは? 軽く考えていても、もしかしたらそれは浪費癖になっているかも。心理カウンセラーの高見綾さんが語る、浪費癖がある人の特徴と心理をチェックして、自分に当てはまるところがないか見てみましょう。

買っても使っていないものが多かったり、衝動買いしてしまったりして、「もしかして自分には浪費癖があるのかな」と不安になることもありますよね。

今回は、浪費癖のある人の特徴や心理を解説し、浪費癖を直すためのアプローチ方法を紹介します。

なぜ浪費してしまうのか、その理由を知ることで浪費癖を直すきっかけにしてくださいね。

あなたは浪費癖がある? 簡単チェックリスト

まずは、あなたに浪費癖があるかどうかをチェックしてみましょう。 7つ以上当てはまった人は浪費癖があるかもしれません。

(1)口座の残高やクレジットカードの支払額を把握していない
(2)カードローンやキャッシングを使っている
(3)カード明細を見ても内容が思い出せない
(4)人よりいいものを持っていると気分がいい
(5)用がなくてもコンビニに立ち寄ってしまう
(6)お金が入ったらすぐに使ってしまう
(7)何事もなんとかなると思っている
(8)買っても使っていないものがたくさんある
(9)ネットショッピングが好きで、いいなと思うとすぐポチっとしている
(10)クローゼットに似たような洋服がたくさんある

次ページ:浪費癖がある人の10の特徴

お役立ち情報[PR]