お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「Sな彼女」の特徴と付き合い方

マドカ・ジャスミン

Sっ気のある彼女。そんな彼女ができたらどうしたらいいのか。自身もSだというマドカ・ジャスミンさんに、Sな彼女の特徴や魅力、また相性のいい男性、そして上手な付き合い方まで教えてもらいました。

「意外とされるがままが好きなのかなあ」

都心にある和モダンなデザインが特徴のラブホテルのベッドの上には好きな人が横たわる。

彼の身体をまさぐると、その動きと連動するかのように口から漏れる嬌声。

普段の自信と男らしさに満ちた彼とは別人かのような反応に私はボンヤリと考えた。

一回り近く歳下の女性に喘ぐだなんて、格好つけもあったものじゃないと思いつつ、そんなかわいらしい彼の一面がきっかけで私の中に新たな要素が生まれた。

それは、S。サディズムだ。

この彼以外にも、私の中のSが疼く男性はそれなりにいた。

そして、その誰もが社会的地位があったり、高所得者だったり、知名度があったりする人でそういう人と夜を共にするたび、普段とのギャップにびっくりしていた記憶が懐かしい。

しかも、そういった人たちは普段は「俺はMの子がいいわー」なんて軽口を叩きがちで、その言葉とベッドの上での様子との矛盾に思わず心の中でツッコミを入れた回数は一体いくつだっただろうか。

当時はそういった状況でSを求める男性とそれをきっかけに自分の中にあるSに熱が帯びるといったことが多かったが、時を経て現在。自分や同じくSを持つ女性が熱を帯びるタイミングは、当時の知識とは比にもならないほど多岐に渡るのだと知ることになる。

今回はSな彼女について、個人的な見解を述べたいと思う。

Sな彼女の特徴

セックスのときは大前提として、それ以外でどんな人がSを持つか、熱を帯びさせるのかを見分けるのは別に大したことではない。

気が利き、他人の機微に敏感

サービスのSと言われるぐらいそういった女性たちは、とにかく気が利く。他人の細部にまで目を届かせられるし、感情の些細な起伏にも敏感だ。

そして、相手のニーズを汲み取るのも上手いし、逆に汲み取れるからこそ敢えて与えないようにするのも上手い。

相手が極限にほしがる状態まで焦らしに焦らし、もう無理というタイミングでこれでもかと与える。

でも、それが出来るのはMへの愛情が深いからとも言えるかもしれない。

愛情が深い

色恋に限らず、Sを持つ人は愛情が深いのだ。

それは包み込むような柔らかなものではなく、気を抜いたら苦しい中で水圧と重力と共に沈み切りそうな深海のようなもの。

もがくほど苦しいけれど、でも身を任せれば自分たちが産まれたそのものに還る。ただそれだけ。

恐怖なんてものは、抗うからこそ生まれる感情に過ぎないのだ。

次ページ:Sな彼女の魅力とは

SHARE