お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

言いたいことが言えないのはなぜ? 心理と自己主張のコツ

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

言いたいことが言えないのは自分のせい? 世の中のせい? 自己主張できずストレスを抱えるすべての人たちへ、マジシャン&催眠心理療法士の浅田悠介さんが7つの対処法を解説します。言いたいことが言えなくなってしまう気持ちに隠された心理とは……。

突然ですが、

毎日言いたいこと言えてます?

・喋るのが苦手
・自己主張できない
・相手のことを考えて口をつぐんでしまう

うむむ、言いたいことを言えたらいいなって思いますよね。人生も有利に運べそうです。なんでこんなに自己主張するのって難しいんでしょうか。

今回のテーマは「言いたいことが言えないのはなぜか?」です。

その心理と対処法にせまってみましょう。

言いたいことが言えない心理って?

それは「否定を恐れているから」です。

意見したときに、怒られたり、機嫌を悪くされたり、否定されたりするのが怖いのですね。特に本音ほど、否定されるとダメージは大きい――自分自身を否定されるようなものだから。そのぶん慎重になってしまうのです。

ゆえに、当たりのキツい人物ほど「言いにくい」わけですね。

例えば、立場が上の人や、頑固そうな人、言葉が荒い人に対しては、一層、その傾向が強まります。何も言えなくなるのです。

ちなみに子どもを認めずに(すぐに否定して)ガミガミ叱るような親のもとで育つと、そういう性格になりやすいです。何か言うたびに「それは違う!」と怒鳴られていては、言いたいことも言えなくなるというものですよね。

次ページ:主張が苦手な人の性格

SHARE