お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 メンタル

加虐心とは? 「人をいじめたい気持ち」の理由と対処法

高見綾(心理カウンセラー)

加虐心とは、他人をいじめたり、苦しめたりしたい気持ちのこと。このように、誰かをいじめたいという感情はなぜ生まれるのでしょうか。加虐心が生まれる原因と感情の対処法を、心理カウンセラーの高見綾さんが解説します。

加虐心という言葉をご存知でしょうか。

加虐心とは、他人をいじめたり苦しめたりしたいという感情を表す言葉です。

「いじめたい気持ち」はなぜ生まれるのか、またその感情はわたしたちの誰しもが持つ可能性があるものなのか。加虐心を抑えるための方法とともに考えていきましょう。

加虐心とは?

加虐とは、デジタル大辞泉(小学館)によると、「むごいしうちを加えること」「いじめ苦しめること」を指しています。

加虐心は「相手を傷つけることでダメージを与えたい、という心情」を表しているわけです。

わたしたちは、心から満たされていて気分のいいときには、わざわざ「誰かをいじめたい」とは思わないものです。いじめたい、傷つけたいと思うときは、心のゆとりがないときであったり、満たされない思いを抱えているときだったりします。

誰しもが持つ可能性のある負の感情

また、置かれた環境や役割などによっては、こうした歪んだ心理が生まれてしまう可能性もあります。

アメリカのスタンフォード大学の心理学者が行った囚人と看守の実験では、看守の役になった人が加虐的な行動を起こしやすくなるという結果が出ています。

つまり、強い立場にいると、弱い立場の人をいじめたくなる心理が生まれるケースもあるということ。したがって、いじめたい気持ちは状況次第で誰でも持つ可能性のある感情であるといえるのではないでしょうか。

次ページ:「いじめたい気持ち」が生まれる理由

お役立ち情報[PR]