お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

大人でもまだまだ頭が良くなる12の方法

ぱぴこ

頭を良く見せる振る舞い3つ

すぐに頭を良くすることは無理でも、「賢そうな振る舞い」はできます。

(1)自信を持ってハッキリと発言する

どんなに賢くても「自信がなさそうに振る舞う」人は、残念ながら「すごそう」という観点が薄れてしまいます。

「頭が良さそうに見える」ということは「すごいな」と思わせることとほぼ一緒なので、自信を持った振る舞いをしましょう。

(2)目的と期日を確認する

依頼されたことや、何かをする時に、「なんのために」「いつまでに」やるのかを確認する、もしくは決めることを意識しましょう。

これは頭を良く見せるという点はもちろんですが、単純に実務上でもプラスに働きます。

(3)若干言葉を変えて要点を確認する

「同じことでも少し言葉を変えて確認する」という技を使いましょう。

「先ほどおっしゃっていた●●は、××ということと理解していますが、認識違いありませんか?」と繰り返すだけで「わかっている感じ」がでます。

大人になってもまだまだ変われる

今日できないことが、明日急にできることはまずありません。

しかし「こうなりたい」と思う像があるならば、まず自分にできることからやりながら、本当に「できる」ようになるために努力する必要があります。

今自分にできることは何か? そしてなりたい姿とは? を意識しながら今日もお仕事を頑張りましょう。

(ぱぴこ)

※画像はイメージです

ぱぴこ

外資系ときどき激務OLコラムニスト。オシャレとズボラの狭間に生息し、ストレスを課金で潰すことに余念がない。趣味はNetflix、お酒、豚を塩漬けにすること。目標はゆとりのある生活(物理)。
Twitter:@inucococo
この著者の記事一覧 

SHARE