お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

生理の量が多い気がする……。原因と対策とは

生理の基礎知識

尾西芳子(産婦人科専門医)

過多月経の対処法

「不快だけど、とくに症状もないし……」と、過多月経を放っておくとどうなるのでしょうか。

ここでは過多月経を放っておくことの危険性と、病院に行った際の治療法について解説します。

過多月経、放っておくとどうなるの?

過多月経を放っておくと、生理のたびに血液が減少し、貧血になってしまうことがよくあります。

急に貧血になると、めまいや動悸、疲れやすさ、頭痛といった症状に気付きやすいのですが、徐々に貧血になるとこうした自覚症状がなく、自分で気付かないうちに輸血が必要なほど重度の貧血になる場合もあります。

また、子宮筋腫などの子宮の病気が原因の場合、病気そのものの治療をしないと悪化して不妊の原因になったり、がんの場合は転移する可能性もあります。放っておかず、一度婦人科を受診することをおすすめします。

過多月経の治療方法

過多月経の原因やその程度によって治療法はさまざまです。

低用量ピルなどのホルモン剤や止血薬による治療、経過観察、手術などがあります。痛みや貧血といった症状の軽減のために、鎮痛薬、鉄剤が処方されることも。

また、最近では子宮の中にLNG -IUS(レボノルゲストレル放出子宮内システム)といわれる小さな装置を入れることで出血量のコントロールを行うこともあります。

過多月経は放置しないで

「生理の経血量」というのは、人と比べることがあまりないので、「自分が多いのか、少ないのかわからない」という人も多いことでしょう。

知らない間に過多月経による貧血になっていた場合、治療をしたら、勉強や部活、仕事の効率が上がったということもあるそうです。

まずは前半で紹介したセルフチェックを確認してみて、「当てはまるかも!」というものがあったら、医療機関を受診してみましょう。

(尾西芳子)

※写真はイメージです

参考文献
[*1]
Magnay JL, O’Brien S, Gerlinger C, et al. : A systematic review of methods to measure menstrual blood loss, BMC Women?s Health 18:142,
[*2]日本産科婦人科学会:子宮筋腫
http://www.jsog.or.jp/modules/diseases/index.php?content_id=8

※この記事は2020年01月29日に公開されたものです

尾西芳子(産婦人科専門医)

高輪台レディースクリニック副院長

日本産科婦人科学会会員
日本女性医学学会会員(専門医)
日本産婦人科乳腺学会会員

神戸大学国際文化学部卒業後、山口大学医学部学士編入学。慈恵医大病院、日本赤十字社医療センター、済生会中津病院の勤務を経て、都内の産婦人科クリニック勤務。2017年7月、高輪台にて開業。

妊娠・出産から、婦人科がんの手術、不妊治療と広く学び「どんな小さな不調でも相談に来てほしい」と女性のすべての悩みに応えることのできる女性のかかりつけ医を目指す。モデルの経験を活かし、美と健康に関する知識も豊富。Webの連載をはじめ、TV、雑誌、講演会で活躍中。

オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/yoshiko-onishi/

この著者の記事一覧 

SHARE