お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

本当に響く「ねぎらいの言葉」の選び方

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

ビジネスシーン、友人との会話、恋人からの相談。あらゆる場面で、わたしたちは誰かを「労わりたい」と思う瞬間があります。こんなとき、どんなねぎらいの言葉をかければ、相手の気持ちを救えるのでしょうか。マジシャン兼催眠心理療法士の浅田悠介さんが解説します。

トイレ。

そう、30年前、トイレのTOTOのコピーにこんなものがありました。

「『人間は、全員疲れているのだ』」と仮定する」

だからこそ全員に優しい便器をつくろうというわけです。とはいえ、これは便器以外にもいえるはずです。

たとえば言葉とか。

現代人は、みんな疲れている。

だからこそ、まわりの疲れている人や、頑張っている人に、ちょっとした「ねぎらいの言葉」をかけてあげられると貴女の価値はグンとあがります。

今回のテーマは「ねぎらいの言葉」です。

貴女も、私も、毎日、頑張って生きています。今日もおつかれさまです。そんなふうに、まわりに癒しを提供できる人間になってやりましょう。

ねぎらいの言葉の基本は「感謝すること」

シンプルにいえば「相手の努力や労力に対して感謝すること」です。なにか嬉しいことをしてくれたときに言葉にするものですね。

さらに細かなニュアンスを語るなら、

・そこそこ大きな労働のときに使う
・目上の人には失礼なニュアンスもある

この二点に気をつけるといいかもしれません。

つまりテーブルの醤油をとってくれただとかの小さな行為や、会社の上司にむかって「ねぎらいの言葉」をかけるのは、ちょっとだけマナー違反になるわけです。

ただ言葉はアメーバのような生き物です。日々、使われ方を変えます。貴女が心から感謝を伝えたいなら──ねぎらいだろうがなんだろうが──それは言葉にすべきです。

それが「ねぎらいだからマナー違反」なのか「ねぎらいとして成立」だとかいった議論はYahoo!知恵袋か広辞苑にまかせましょう。大事なのは、相手がどう思うかだけです。

感謝を伝えられて嫌な人はいません。相手が嬉しくなる言葉を探しましょう。相手の顔もほころぶはずですよ。

次ページ:相手を救う「ねぎらいの言葉」7選

SHARE