お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム 芸能

お笑いコンビ「霜降り明星」から感じる“相方”の特別さ #PM6時の偏愛図鑑

ねむみえり

定時後、PM6:00。お仕事マインドを切り替えて、大好きなあの映画、あの舞台、あのドラマを観る時間が実は一番幸せかもしれない。さまざまな人が偏愛たっぷりに、働く女性に楽しんでほしいエンタメ作品を紹介する連載です。今回はライター・ねむみえりさんが「霜降り明星」への偏愛を綴ります。

この感情、自分のものなのに、まったく手に負えない。

公式YouTubeチャンネル『しもふりチューブ』を見れば、お腹が痛くなり涙が出るほど笑い転げて、気づけば寝る時間。お笑い芸人に特化したムック本『芸人 芸人 芸人』の第七世代特集は、表紙をちらりとしか見れず、いざ開いたところで照れてすぐに閉じてしまい、つい最近まで読めなかった。「これ以上好きになるのは怖すぎる」という理由で、オールナイトニッポン0は聞けていない。

一体、なんなんだ、霜降り明星。

無意識下の把握と、意識への浮上

私がお笑いコンビ「霜降り明星」の存在をはっきりと知ったのは、2018年のM-1で彼らが優勝したときと、比較的遅め。

それより前から、“関西の実力のある若手”として、何度もTwitterのタイムラインで名前は見ていたけれど、ネタを見る機会はあまりなかった。何より私が芸人さんの情報を追うことから離れていた時期でもあり、「おもしろいコンビ名の若手がいるんだな……」ぐらいにしか思っていなかった。

一時期に比べて、熱心に賞レースを見ることもなくなって、M-1を見たのもたまたまその日、家のテレビがついていたからだったように思う。

そんな状態だったため、ここまで霜降り明星にハマるなんて、正直完全に想定外だった。

粗品が持つ最強のバディ=せいや

霜降り明星の魅力の根源には、ボケ担当・せいやくんとツッコミ担当・粗品くんの仲の良さがあると思う。

霜降り明星の公式YouTubeチャンネル『しもふりチューブ』ではさまざまな企画を行っているが、とにかく2人が楽しそうなのだ。

たとえば、バンド・JITTERIN’JINNの楽曲『プレゼント』の歌詞である、「あなたが私にくれたもの」のあとにくるフレーズを考えて歌うという、せいやくん考案の「JITTERIN’JINNゲーム」

暴走するせいやくんと、それに戸惑いながらついていく粗品くんの図には単純に爆笑したが、「この2人、心からこのゲームを楽しんでいるぞ」とも思った。

個人的に、コンビが楽しさを共有できることは、芸人さんにおいてとても強いと思っているところがある。お互いがお互いの才能を認め合っているからこそ、感覚を共有できているのではないだろうか。

そしてその関係性って、めちゃめちゃに熱い。言うなればバディものだ。

M-1で彼らの優勝が発表されたときに2人が感極まって抱き合っていたのも、R-1で粗品くんが優勝したときのツイートも、2人の関係性が強くにじみ出ていて、最高ありがとうございます、という気持ちだった。バディ、最強。

ストイックに楽しみ続ける2人

私が見ながら笑い泣きしている『しもふりチューブ』では、毎日18時に動画が投稿されている。こんなにも忙しい中で、動画を上げ続けるストイックさには尊敬の念しかない。

しかも企画も漫才も、もれなくおもしろい。どれだけの才能なのか。

終わりに、『しもふりチューブ』内で見られる私のお気に入りの動画をいくつかご紹介しようと思う。最強コンビの世界を、ぜひ堪能してほしい。

漫才「朝の生放送」【霜降り明星】2/100

漫才「モノマネ」 【霜降り明星】 20/100

漫才「寿司」【霜降り明星】8/100

(文:ねむみえり、イラスト:谷口菜津子)

「PM6時の偏愛図鑑」をもっと見る

お役立ち情報[PR]