お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 生活

我慢強い人の心理。長所と短所とは

高見綾(心理カウンセラー)

我慢強い人っていますよね。忍耐力があり、周囲からの信頼も高いのではないでしょうか。しかし、一方でストレスを抱えがちという短所もあるようです。心理カウンセラーの高見綾さんに、我慢強い人の長所と短所、また我慢強くなる方法について教えてもらいました。

まわりに、我慢強いなと感じる人はいませんか?

困難に耐える力という意味で社会人として必要な力のようにも思えますよね。ところが、我慢強いことでストレスを溜めてしまう人も少なくありません。

この記事では我慢強い人の特徴や心理、長所と短所について解説します。我慢が足りないと言われがちな人のために、我慢強さを身につける方法についても紹介します。

我慢強い人の特徴と心理とは

我慢強い人にもさまざまなタイプがいますが、共通する特徴と心理とはどんなものなのでしょうか。

診断してみよう! 我慢強い人の特徴

我慢強いとされる人には次のような特徴があります。自分に当てはまるところがないかチェックしてみましょう。

もし、たくさん当てはまったなら、あなたは我慢強い人だといえるでしょう。

(1)真面目で努力家

物事に対しても人に対しても、きちんと向き合うことのできるがんばり屋さんです。仕事に対しても、コツコツ地道に取り組みます。

(2)期待には全力で応えようとする

まわりからの要求や期待に対しては、全力で応えようとします。期待に応えて役に立てることに喜びを見出す人もおり、多少プレッシャーがあったとしても投げ出さずに最後までやり切ります。

(3)揉め事が苦手

揉め事や争い事は苦手で、調和のとれた状態を好みます。自分だけが良ければいいという考え方は持ち合わせておらず、みんなが幸せであることを望む傾向が。全体がうまくいくために自分を抑えることもしばしばあります。

(4)「自分ひとり」でなんとかしようとする

弱音を吐いたり、誰かに甘えたり頼ったりすることが苦手です。まずは、自分ひとりでなんとかしようと考えるので、そもそも他人を頼ろうという発想がわかないことも。

(5)喜怒哀楽が表に出にくい

イライラしたりしても、ぐっと抑えることができるので、感情的になることはほとんどありません。冷静でいつも一定のトーンを保っています。

我慢強い人の心理

上記の特徴を持つ我慢強い人に共通する心理を紹介します。

(1)自分に厳しい

がんばることは当たり前という感覚を持っているため、がんばっていてもそれをアピールするようなことはありません。理想が高く自分に厳しいですが、無自覚であることも多いです。

(2)責任感が強い

最後までやり遂げようとする意志が強く、困難なことが起こっても諦めずに、なんとか踏ん張ってやりきろうとします。自分で決めたことや、一旦引き受けたことは、責任を全うしようとします。

(3)「自分が我慢すれば丸く収まる」と考えがち

意見が分かれているときに、自分が我慢すればこの場が丸く収まると思えば、自分の意見は引っ込めます。他人を優先するので、自分の幸せが後回しになってしまうこともよくあります。

(4)強がり

弱い自分は情けないと思っているケースもあり、本当は弱音を吐きたくても平気なふりをして強がってしまいます。情けない自分にはなりたくないから、一生懸命困難に耐えてがんばります。

(5)地道な努力の必要さを理解している

夢や目標を達成するためには、地道な努力はもちろんのこと、時には耐える時間も必要だということを理解しています。そのため、都合の悪いことが起きても逃げることなく向き合います。

次ページ:我慢強い人の長所と短所

お役立ち情報[PR]