お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

手相の三角とは? トライアングル(三角紋)の見方【手相占い】

手相占い

紅たき(占い師・コラムニスト)

手相に三角形を見つけたことはありませんか? これを三角紋(トライアングル)と言います。三角紋は位置や大きい小さいによって意味が変わる手相。頭脳線や生命線の近くにある場合は? また地丘や火星平原など丘にある場合は? 占い師・コラムニストの紅たきさんが三角紋の見方を解説します。

手のひらに三角の相を見つけたことはありませんか? これは、三角紋(トライアングル)と呼ばれるもの。

三角紋は、単独で現れたり、丘や掌線に現れたり、そのパターンはさまざま。

幸運のサインと言われていますが、出方によって意味合いは大きく異なります。吉相の場合もあれば、凶相の場合もあるのです。

今回は、そんな三角紋について、詳しく紹介していきましょう。

Check!

手相占いとは? 基本の見方&良い線・悪い線を紹介【手相占い】

手のひらに三角? 三角紋の基本的な意味と見方

では、三角紋とはどのような形をしていて、どんな意味を持っているのでしょうか。

三角紋(トライアングル)が指す基本的な意味

手相の三角(三角紋・トライアングル)とは?

三角紋(トライアングル)とは、手相紋の中で三角形や逆三角形の形をしている相のこと。

実は「幸運の時期が目前に来ている」ことを教えてくれるサインなのです。今までの努力が報われるという、うれしい知らせだとされています。

ただし、出ている位置によっては、凶相にもなるので注意が必要です。

位置によって変わる三角紋の意味

三角紋は、線の上や手のひらの丘など、現れる場所によって意味が違ってきます。

線のそば「線の意味を強める吉相」

生命線や頭脳線といった線に接していたり、そばにあったりする三角紋は、線の意味を強める吉相です。

線の上「線の意味を弱める凶相」

一方で線の上にある三角紋は、障害線の一種となり、線の意味を弱める凶相。

参考記事はこちら▼

基本的な線の意味を合わせてチェックしておきましょう。

☆単独「丘の意味を強める吉相」

 

どの線にも接することなく単独で丘の上に現れている三角紋は、丘の意味を強める吉相です。

参考記事はこちら▼
手相の丘とは?

手相の丘って何? それぞれの意味はこちらの記事でチェックしてみてください。

珍しい 大きい三角の意味

手相における大きい三角の意味

長い財運線、生命線、頭脳線で囲まれていて、主に火星平原を囲む三角形の例

手のひらに大きな三角形が現れていることがあります。長い財運線、生命線、頭脳線で囲まれていて、主に火星平原を囲む三角形となります。

このような三角紋がある場合、近い将来運気が大幅にアップすることを示します。めったにない吉相です。

この他の三角紋の大きさについては、良い位置に現れた三角紋が大きければ、幸運度は高まります。良くない位置に現れた三角紋は、大きいほど凶相になるでしょう。

左手と右手どちらで見たらいいの?

手相は右手と左手どっちで見る?

手相占いでは、右手が現在の運勢を示し、左手が生まれ持った運勢を表します。左手の手相はほぼ変わりませんが、右手の手相は運勢が変わると変化します。

三角紋は突然現れ、消えることがある相です。ですから、右手を中心に見たほうがいいでしょう。

けれど、左手にある場合も意味はあります。先天的に良い、あるいはあまり良くない運勢を持っているという意味になるのです。

参考記事はこちら▼
手相は右手と左手どっちで見る?

手相をはどちらの手で見るべき? 迷ったらこちらの記事をチェックしてみてください。

▶次のページでは、位置別に三角紋が意味することを解説します。

次のページを読む

SHARE