お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

風水的に良い寝室の条件とは? ベッドや枕の位置・インテリア #李家幽竹の風水ハック

#李家幽竹の風水ハック

李家幽竹

水野久美(フリーライター)

同棲しているカップルは一緒に寝るべき?

風水において夫婦が同じ寝室で寝ることは絶対条件ですが、同棲しているカップルも同じく重要だそうです。

人は寝ている間に「水」の気になり、寝室は「水」の空間になるそう。そこで共有する「水」の気が愛情を強くしてくれるので、眠る空間を共有できなければ夫婦や家族にはなれないとされるのだそう。

また、同棲することは風水的な観点でいうと、女性にとってマイナス要素が多いのだとか。同棲は疑似的な家庭を持つことでもありますが、女性は結婚して家庭を持つと、「水」の気から「土」の気に変化します。そんな「土」の気は母親の気でもあり、彼氏からいつの間にか女性として見られなくなるという危険性も!

これから同棲したいと思っている人は、きちんと結婚の約束をした上で一緒に暮らすのがよさそうですね。

参考記事はこちら▼

心理学の観点から、同棲中のベッド事情について解説します。

寝室は余計な物を置かずにスッキリと

寝室は、あなたが眠っている間に運気を再生させてくれる場所。寝ている間に悪い気を吸収しないよう、なるべく余計な物は置かず、スッキリとした環境を整えたいですね。

ベッドの位置も、さっそく今日から見直してみては?

(監修:李家幽竹、文:水野久美、イラスト:スズキマナ)

※画像はイメージです

※この記事は2019年10月26日に公開されたものです

李家幽竹

「風水とは環境を整えて運を呼ぶ環境学」という考え方のもと、 衣・食・住、行動全般にわたる様々な分野でアドバイスを行っている。著書累計発行部数は700万部を超える。
風水を仕事にする人材を育成するため、『一般社団法人 李家幽竹 空間風水学会』を設立し、理事長をつとめる。

オフィシャルHP  http://yuchiku.com
空間風水学会HP  http://feng-shui.or.jp

この著者の記事一覧 
水野久美(フリーライター)

フリーライター。トラベル系。愛知県出身。編集プロダクションで旅行情報誌の取材撮影、執筆を経てフリーに。バックパッカー女子ひとり旅で世界30ヶ国以上を放浪。現在は、旅関連の書籍やコラム執筆などを手がける。著書に『いつかは行きたいヨーロッパの 世界でいちばん美しいお城』(大和書房)など。●Webサイト(http://kumi.me

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#李家幽竹の風水ハック」をもっと見る

MORE

SHARE