お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

仕事のイライラが止まらない人へ。限界に達さないための解消法

高見綾(心理カウンセラー)

仕事中のイライラが止まらないのはなぜ? イライラする本当の原因と解消法を、心理カウンセラーの高見綾さんが解説します。

私たちはなぜイライラするのか?

転職理由の上位に人間関係のストレスがランクインしているように、仕事中のイライラは、人間関係から来ていることがほとんどです。

ところが、同じことが起きても、イライラする人とそうではない人がいます。

イライラする人としない人の差

たとえば、職場にのんびりしている後輩がいたとして、ある人は「仕事しなさいよ!」とイライラするけれども、さほど気にならないという人もいたりします。

仕事量が多いなど、そもそも心の余裕がないような状況では、ちょっとしたことでもイライラすることが増えてしまいますが、それ以外にも、自分の考え方や感じ方、受け取り方によってイライラするかどうかが大きく変わってくるのです。

例えば、かつて仕事ができずに苦しい思いをして、必死に努力して今の地位を築きあげた人は、仕事のできない後輩を見ると、昔の自分を見ているようでイライラするというケースもあります。もし昔の自分を受け入れていたらイライラすることはないでしょうが、過去の傷が癒されていないと、他人を通して浮かび上がってくることがあるのです。

原因は「自分の価値観とのズレ」

他人に期待をしすぎていたり、自分の価値観にこだわりすぎていたりすることもイライラの引き金になりかねません。他人がその価値観から外れた行動をしたときに、許せないと感じることが増えるからです。

「上司は仕事ができて、かつ自分たちの面倒を見てくれるものだ」と思っている人は、仕事の遅い上司や自分の頑張りを承認してくれない上司に対してイライラするでしょう。

また自分の気持ちを抑えて生きてきた人は、愚痴や文句を堂々と言っている人を見ると嫌な気分になりますし、自分に厳しいタイプの人は、思うように仕事ができないと、自分自身にガッカリしてイライラしてしまうことが増えます。

このように、イライラするきっかけはさまざまですが、自分の物ごとの考え方や感じ方が大きな影響を与えています。

次ページ:仕事のイライラ解消法

SHARE