お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

つける場所で意味が変わる。正しい指輪のつけ方

紅たき(占い師・コラムニスト)

小指「願いや思いを叶えてくれる」

小指につける指輪は「ピンキーリング」と呼ばれます。

小指は、チャンスや出会いを作り出すといわれている幸運の指。小指に指輪をすると願いや思いが叶うといわれています。

では、右手の小指と左手の小指でどう違うのかみていきましょう。

右手の小指「魅力を発揮」

右手の小指の指輪には、自分の魅力を最大限に発揮させてくれるパワーが宿ります。自己アピールをしたいときなどにつけると効果的です。

また、「幸せを逃さない」という意味もあるとされています。財運を司る指でもあるので、金運アップを願うのにもいいでしょう。

左手の小指「恋のチャンスをつかむ」

左手の小指には、チャンスを引き寄せるパワーがあるといわれています。良い変化を求めているときや、チャンスを呼び込みたいときに指輪をすると効果的。

また、新たな出会いや愛を呼び込むパワーがあるので、恋人がほしい人にはぴったりの指です。

次ページ:指輪の意味を知り願掛けやお守りにしよう!

SHARE