お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 生活

「短気な人」の特徴と上手な接し方。キレやすい人とどう付き合えばいい?

織田隼人(心理コーディネーター)

あなたのまわりの友人や職場関係で、短気な人やすぐにキレやすい人はいませんか? 短気な人がイライラしていると面倒に思ってしまいますよね。でも、仕事がらみなど、どうしても関わる必要がある場合も。この記事では、短気な人の心理や特徴、上手な接し方について、心理コーディネーターの織田隼人さんに解説してもらいました。

短気な人が近くにいると「ちょっとしたきっかけで怒り出したりして面倒くさい」と思うこと、あるかと思います。

そういった人を遠ざけることができればいいのですが、それが難しい場合も多いもの。

今回は、短気な人とはどんな人なのか、短気な人にどう対応していけばいいのかについて見ていきましょう。

すぐにイライラ……短気な人の心理とは?

すぐにイライラしてしまう、短気な人には共通した心理があります。

どんなものなのかを見ていきましょう。

(1)正義感が強く、自分自身を正義と考える傾向が強い

正義感が強く、悪に対して厳しい気持ちを持っています。

さらに、自分自身が正義でありたいなどの気持ちが強い人は、短気になりやすいです。

正義の反対は別の正義なのですが、自分自身が正義と思っている人はほかの正義を認めにくい傾向があり、その結果自分の思った通りにならないことに対して攻撃的になってしまうのです。

(2)疑心暗鬼になり、物事をマイナスに解釈しがち

まわりで自分の悪い噂をされているのではないか、と疑心暗鬼になりやすい人も短気になる傾向があります。

また、いろいろな意見に対して、自分を攻撃してきている言葉、自分を落とそうとしている言葉という風に受け取りやすい人も短気になりやすいです。

物事をプラスに受け取るタイプの人は相手の言葉を攻撃だと受け取らないので怒りっぽくなりづらく、一方、物事をマイナスに受け取るタイプの人は相手の言葉を自分への攻撃だと解釈し、それに対して反抗しようとして怒りをすぐに向けてしまうのです。

(3)悪い情報を仕入れるのが好き

怒りを表明するのは一種の快感です。

「けしからん!」ということで気持ちが一瞬晴れやかになります。

芸能や政治のニュースなどをたくさん見ていると問題点ばかり見えてきて、そして「けしからん」という気持ちがわいてくるもの。

その気持ちをそのまま「これじゃダメだ!」と表現することは一瞬の快感になりますが、これを繰り返すと徐々にすぐに怒る性格になってしまいます。

次ページ:短気な人の特徴

お役立ち情報[PR]