お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

「どうでもいい人」にとる態度とは? 気になる人から好きになってもらう方法

澤口珠子(婚活・女子力アップコンサルタント)

婚活の出会いの場で、「いいな」と思う人がいても、相手から関心を示してもらえないと、「私ってどうでもいい人なのかな」と悲しくなりませんか? そこでこの記事では、「どうでもいい人」から「好きな人」へ昇格する方法について、婚活・女子力アップコンサルタントの澤口珠子さんに解説してもらいました。

婚活をしていて「あ、いいな」と思う人ができても、相手からはあまり関心を持ってもらえないと、「私ってどうでもいい人なのかな」と落ち込んでしまうもの。

気になる男性にとっての「どうでもいい人」から「好きな人」へと昇格するには、どうしたらいいのでしょうか?

今回は、意中の男性から好きになってもらう方法について、婚活・女子力アップコンサルタントの澤口珠子が紹介します。

「どうでもいい人」に取る態度とは?

「どうでもいい人」と「好きな人」とでは、相手の執着の仕方がまったくちがってきます。

好きの反対は嫌いではなく、「どうでもいい」ですからね。

ここでは、男性が「どうでもいい」と思っている女性に取る態度についてお伝えします。

(1)メッセージの返事が雑で単調

男性の相手へのテンションは、メッセージによく表れます。

どうでもいい女性に対しては、冷たい雰囲気でひと言返事だけになったり、LINEなどのスタンプ1個で終わらせたりと、雑な対応になります。

たとえメッセージをやり取りして実際に会ったとしても、接触の時間を最低限にして切り上げる傾向が強いでしょう。

(2)約束がおざなり

どうでもいい女性との約束は、男性の中では優先度が非常に低い案件です。

デートの約束など、何度もリスケされたり、そもそも「どうしよっかー」と検討だけされて具体的なデートにまで至らなかったりするケースが多いです。

(3)お金を使いたがらない

どうでもいい女性に対して、男性はお金をかけたがりません。

プレゼントはおろか、食事も折半、場合によってはおごってもらおうとすらするケースもあります。

ケチというわけではなく、経費をかけて時間を共有する必要性を感じないがゆえの特徴といえます。

あと、変な誤解を与えたくないという心理も働いているのでしょう。

(4)目を合わせたり笑顔を見せたりしない

どうでもいい女性に対しては、表情での愛想も少ないもの。

もっとも顕著なのが、必要以上に目を合わせてくれないこと。

どうでもいい人に対しては、いちいち相手を見ようとしないので、目線を合わせる回数も俄然少なくなります。

また、それに合わせて、必要以上に笑顔を作ることもなくなるでしょう。

(5)相手に質問しない

どうでもいい女性に対しては、会話も淡白な傾向が見られます。

相手への興味がない分、男性側からの質問はなく、会話を早く切り上げたいという態度を取られることが多いでしょう。

結果、女性が多く話すこととなり、会話が続かなかったり、一問一答のような会話になったりしてしまうこともあります。

次ページ:好きな人にとる態度とは?

お役立ち情報[PR]