お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

彼氏に我慢するか別れるか? アラサー女子の“ガマンの限界”を大調査

凛音(りんね)

完璧な人間なんていません。大好きな彼であっても、「これはちょっと……」と感じている欠点のひとつやふたつ、あって当たり前。それでは世のアラサー未婚女子たちは、彼氏に対してどんな不満を持っているのでしょうか。そこで「彼氏に我慢していること」「我慢できないこと」をアンケートで大調査。恋愛カウンセラーでもあるコラムニストの凛音さんとともに、我慢の“限界地点”を探ります。

出会ったころは何でも素敵だった彼。でも長くつき合っていくうちに、「これはちょっと……」と感じる不満は出てくるものです。

場合によっては、恋の行く先を左右するほど重大な局面となる可能性もありますが、好きな人相手だとすぐに別れを決断できずに、我慢をし続けてしまうことも。

それでは、世の未婚女性たちは、彼氏のどんなことに我慢をしているのでしょう。今回おこなったアンケートでは、彼女たちの驚くほどの“ガマン強さ”がうきぼりになりました。

彼氏に対して「我慢していること」

今回は未婚の女性390名に「交際中の我慢」についてアンケートを実施。彼とのつき合いの中で、女性たちはどんな我慢をしているのでしょうか。

デートの頻度「会いたいのに会えない……」

まずは、ほほえましくかわいいパターンから。

彼氏 我慢
「なかなか会えないこと」(30歳/販売職・サービス系)、「遠距離で相手の仕事の都合で会えなかったとき我慢していた」(26歳/医療・福祉)と、距離や仕事などお互いの都合が合わせられないことにより、デートの頻度が少ないことに我慢している女性の声がちらほら。

「寂しい」、「もっと会いたい」という気持ちゆえ、これらは“発展的ガマン”といえるものでしょう。

しかし、なかにはこんな意見も。

「会う頻度や、連絡の頻度など」(34歳/公務員・団体職員)、「遠距離のときに“遊びにきてほしい”としつこく言われたこと」(24歳/情報・IT)と、彼の会いたい頻度に合わせることに不満を持っている女性も。

いたし方ない事情で会えないのはまだ我慢のしようがありますが、相手のタイミングに合わせて会わなければならないと思うと、気が重くなって、デートの楽しさやワクワクが半減してしまいそうですよね。

見た目・服装「ファッションが普通じゃない」

彼氏 我慢

「よくわからない自信であふれているところ、ファッションが普通じゃない」(27歳/商社・卸)、「服がすごくダサい。変えようといろいろな手段をとりましたが、彼はファッション自体に興味が湧かず、私がプレゼントしたコーデ一式を毎回着ていました」(28歳/その他)と、ファッション感覚のズレに我慢をしていた人が多数いました。

また「太ってること」(26歳/医療・福祉)、「無精ヒゲがだらしないこと」(27歳/運輸・倉庫)など、見た目に不満を抱いていたという人も。つき合い始めにはそれほど気にならなかったことも、時間が経って冷静になったときに「あれ?」「ん???」と、違和感を抱いてしまうのかもしれません……。

コミュニケーションのズレ「思考回路がお花畑」

内面について多く見られたのが、コミュニケーションの不満。

彼氏 我慢

「言葉不足でちょっとしたすれ違いが多い。不満があれば、ちゃんと言葉にしてほしい」(33歳/建設・土木)、「思ったことをすぐには言わない」(33歳/小売店)、「機嫌が悪くなるとイヤなので気を使う」(27歳/情報・IT)など、相手の考えていることが読めずに苦労をしている女性たちも多いようです。

「怒りっぽい彼や、よく泣く彼に我慢したことがある」(25歳/医療・福祉)、「思考回路がお花畑」(34歳/営業職)、「やさしくすると調子に乗ってくる、冷たくするとすぐすねる。ほっておくとなおさらすねるので、かまってあげます」(31歳/販売職・サービス系)と、感情の起伏が激しく“かまってちゃん”な彼氏に手を焼いている人たちも。

長くつき合えばツーカーの仲になれそうなものですが、もともと“謎な思考回路”を持っている彼とは、根本的にわかり合うのはむずかしいのかも。我慢する場面も尽きないのではないでしょうか。

生活習慣のズレ「箸の持ち方」「食べ方」

生活習慣の違いも気になる部分。とくに多かったのが、箸の持ち方などの“食べること”に関することでした。

「箸の持ち方や、洗濯物の匂いが気になる」(26歳/医療・福祉)、「食べ方が汚い。一緒に外食したくない」(30歳/金融・証券)など、もはや“生理的に受け付けていないのでは……”とこちらが心配になるほど気になってしまっている人も。

また、「洗濯物を洗濯機に入れてくれなかったり、食べたものをそのままにしてあったり、自分のことができない」(25歳/販売職・サービス系)、「トイレのフタ、開けっぱなし」(27歳/医療・福祉)、「デート中、必ずタバコを吸う時間がある」(30歳/商社・卸)というような、日常における家事分担の不公平さや、生活習慣の相違を我慢している、という声もありました。

どんなに小さなことでも、毎日のこととなると我慢が蓄積し、大きなストレスになってしまいそうですよね。

次ページ:「もう我慢ならん!」 臨界点のポイント3つ

SHARE