お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

彼氏に「大切にされる女性」と「されない女性」のちがい

仁科友里

いつも彼氏に大切にされないと感じていませんか? 「大切にされる女性」と「されない女性」のちがいとはなんなのでしょうか? 彼氏ではなく自分に問題がある場合もあるようです。ライターの仁科友里さんに聞いてみました。

こんにちは、仁科友里です。

婚活中の女性からよく受ける相談として、「最初は彼から追いかけられていたのに、いつのまにか立場が逆転した」というものがあります。

彼氏から「大切にされる女性」とそうでない女性のちがいについて、一緒に考えてみましょう。

彼氏に大切にされる女性の特徴

みなさんの多くは、彼氏という存在を「ロマンチックなもの」と解釈しているのではないでしょうか。

私は悪いオトナなのではっきり言いますが、社会人になったら、こういう考え方は捨ててください。

彼氏は「人間関係の一種」であり、職場の仲間となんら変わりありません。職場で仕事の成果をまったく上げられない人が重く用いられないのと同様に、相手にとって「大切にしたい」要素がなければ、大切にされないと思います。

多くの女性が「男性に大切にされるためにすること」というと、食事を作ってあげるなど身の回りの世話を思い浮かべることでしょう。けれど、男性がその女性を「大切にする」かどうかは、最初に出会った時点で決まる部分もあるのではないかと私は考えています。

仁科仮説による「大切にされる女性」の特徴を見ていきましょう。

(1)自分とつりあっている

売れない芸能人が、売れるとそれまでに支えてくれた一般人の彼女、もしくは奥さんを捨て、芸能人と交際したり結婚したりすることはよくあります。

お金がない、売れる保証もない日々を一緒にいてくれた女性を捨て、芸能人を選んでしまうことからわかるように、恋愛や結婚には社会的地位という要素が絡んでいます。

相手との間に格差があるほど、相手から大切にされる可能性は低くなるでしょう。

(2)きちんと仕事をしている

昭和や平成中期であれば、「仕事か恋(結婚)か」は二択であり、「私は仕事に生きるから、恋(結婚)はいらない」「仕事よりも、恋(結婚)」という生き方もアリでした。

しかし、現代では女性の経済力を重視する男性も増えています。経済力という生活の基盤があることが、恋愛や結婚生活にプラスに働く時代なのです。

(3)出会ったときの外見をキープしている

扶桑社が運営するニュースサイト「女子SPA!」が2013年に実施した「『この妻と結婚するんじゃなかった』と思ったことがあるか」アンケートによると、妻への不満の1位は「容姿の劣化」です。

おいおまえ、自分を鏡で見てみろと言いたいところですが、それはさておき、男女関係において、外見は重要な要素です。彼氏ができたからといって、手を抜いていいわけではありません。

(4)メンタルが安定している

日ごろから、精神状態のアップダウンが激しい人が恋愛をすると、さらに不安定になることがあります。

嫌われたと思いこんだり、相手が浮気しているのではないかと不安になったりすることも少量であれば恋愛のだいご味といえますが、あまりに頻繁だと相手を疲れさせる、もしくは自爆のもとになります。

(5)不安が少ない

不安は出来事によって生み出されるものですが、無意識に自分で不安を作り出してしまう思考回路の人がいます。

何かはっきりした証拠やもめ事があったわけでもないのに、「彼に嫌われた」と思うタイプの人は、その典型です。

こういうとき、「私を不安にさせる彼が悪い」と相手を責めてしまいがちですが、一度立ち止まって自分の不安のツボについて考えてみてください。

次ページ:男性に大切にされない女性の特徴

お役立ち情報[PR]