お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 生活

話が面白くない人に共通する特徴。話がつまらないのはなぜ?

ひろたかおり(恋愛コラムニスト)

自分では楽しく話しているつもりでも、イマイチ会話が盛り上がらない……そんな不安を持ったことはありませんか? この記事では、話がつまらない人の特徴と面白く話せるようになるためのヒントをコラムニスト・ひろたかおりさんが紹介します。

友人たちとの会話や男性もいる合コン、自分では楽しく話せていると思っているけど、何だか反応がイマイチだし盛り上がらない……。

「私って話が面白くないのかも」と不安になると、誰かと話すのも苦痛になりますよね。

話が面白い人や話をして楽しい人は、必ずその場の空気を読んだ発言ができるもの。

話がつまらない人の特徴を知れば、「もっと話したい」と思われるにはどうすればいいかが見えてきます。

話が面白い人になるためのヒントについて、ひろたかおりがお話します。

話が面白くない人の特徴

まず、話が面白くない、つまらないと思われる人にはどんな特徴があるのでしょうか。

(1)否定から入る

たとえば、「○○さんって最近キレイになったよね」と誰かが口にしたとき。

「そうだよね」とうなずく人がいるなかで「でも太ってない?」「もう少しメイクを工夫すればいいのに」とまず相手の言葉を否定する発言から入る人は、「つまらない人だな」と思われます。

同意がほしくて出した話題なのに、第一声で「私はそう思わない」と返されてしまうと話す気が失せますよね。

(2)話を聞いていない

みんなが話しているとき、スマホの画面ばかり見ていたり、上の空で話に集中していなかったり……。

「話を聞いていない」人がいると、それだけで場の雰囲気が悪くなります。

「つまらなそう」「退屈しているのかな」とまわりに気を使わせるような人は、一緒にいても楽しい会話ができるとは思われません。

(3)オチがない

話題によくついてきてくれるし、相づちもたくさん打ってくれる。

それはうれしいけれど、話しはじめるといつまで経っても終わらず、とりとめのない話ばかりする人と話すのは苦痛です。

オチのない話を延々と続けられると、飽きてくるし返事をするのも億劫になりますよね。

まわりが黙りがちになっているのに平気で話を続けてしまう人は、「つまらない人」と思われます。

(4)場に合わないテンションで話す

友人が「彼氏と別れちゃって」と落ち込んでいるのに、「そっか、でも次があるよ」と脳天気な発言をしてしまう。

また、明るい話題で盛り上がっているときに、「それって楽しそう」と返しながら顔がこわばっていたり声が小さかったり……。

その場にそぐわないテンションで話されると、空気が壊れるし話も止まってしまいます。

(5)身内ネタばかり話す

話がつまらない人でよくあるのが、自分の仲間や親しい人にしか通じない話題をどんな場所でも持ち出すこと。

4人中3人にしかわからない話をされると、残されたひとりは決していい気がしませんよね。

身内ネタは確かに盛り上がりやすいですが、場所と人を選ばず話してしまうと「空気の読めない人だな」と思われます。

(6)興味がない話には黙る

たとえば、自分の知らないことや興味がない話題が出ると、途端に口を閉じてしまう。

聞いてはいるのだけど、一切話に加わらない人というのは、「つまらないのかな」とまわりに気を使わせます。

話したい話題とそうでないときとでテンションに差がある人は、一緒にいても「面白くないな」と思われてしまいます。

(7)冗談が通じない

親しい友人同士なら、「ほしいワンピースがあるんだけど、体型が不安で……」と話しているときに、「もうちょっとダイエットすれば?」などの軽い冗談を口にして笑い合うこともありますよね。

そんなときに、「ひどい!」と言葉を真に受けられると空気が悪くなるし、それ以上会話を続けられなくなります。

「この人、冗談が通じないんだな」と思うと打ち解けた気持ちになりにくく、会話も窮屈になってしまいます。

次ページ:話が面白い人ってどんな人?

お役立ち情報[PR]