お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

素直? 犬系男子の特徴と恋愛傾向【イラストつき】

ひろたかおり(恋愛コラムニスト)

犬系男子と付き合うときのポイントや注意点

犬系男子と付き合うときのポイントや注意点は何でしょうか。

駆け引きはしない

感情表現が豊かでストレートに自分の気持ちを出す犬系男子は、駆け引きのようなネガティブなやり取りは苦手です。

嫉妬させようとしてほかの男性と仲よくする女性は多いですが、犬系男子の場合は相手にされていない自分を感じるとしょげてしまい、離れていこうとします。

それよりも、犬系男子と同じように素直に気持ちを表せる女性のほうが信頼を得やすく、ストレスのないコミュニケーションを楽しめるでしょう。

不要な駆け引きはやめ、前向きな関わり方を続けることが、犬系男子との絆をより強くしていきます。

頼りすぎると逃げたくなるときも

頼られたり褒められたりするのが好きな犬系男子ですが、それも度がすぎると負担になります。

「いつも期待に応えなくては」と思うと疲れてしまうので、頼ることがあったら次は犬系男子を甘やかすようなメリハリをつけましょう。

「いつもありがとう」とプレゼントを贈ったり食事をごちそうしたり、小さなことでも犬系男子はしっかり受け止めようとします。

尽くしたいと思うのは、女性の喜ぶ顔が見たいからです。

一方的になりすぎないことで、犬系男子のポジティブな気持ちを支えてあげましょう。

居心地のいい距離感を見つける

猫系男子とちがい、好きな女性とは常に一緒にいたがる犬系男子ですが、そのぶん嫉妬心が強かったり独占欲が出てきたりと、距離が近すぎると窮屈なお付き合いになることがあります。

たまには別々に過ごす時間も作り、外の世界に触れる機会を持ちましょう。

離れていても連絡はしっかりすることで相手を不安にさせず、いい距離感を持ってもらえます。

2人にとって居心地のいい距離感を見つけるのが、犬系男子と幸せなお付き合いを続けるコツです。

感情を伝え合うことが「犬系男子」との仲を深める

犬系男子の特徴

じゃれてくる犬のように明るく人懐こい性格の犬系男子は、同じように感情のわかりやすい女性を好みます。

好意があるなら素直に伝える、また相手の気持ちもそのまま受け止めるようなストレートさを求めるので、愛情表現が好きな女性とは特に相性がいいでしょう。

気持ちを伝え合うことを恐れないのが、犬系男子との仲を深めるポイントです。心を開けば一途に愛してくれるので、こちらも積極的に愛情を届けていきましょう。

(文:ひろたかおり、イラスト:やよい)

※画像はイメージです

参考記事はこちら▼

あなたの性格は犬系or猫系? 診断でチェックしてみましょう。

※この記事は2019年05月27日に公開されたものです

ひろたかおり(恋愛コラムニスト)

1977年生まれのライター。主に恋愛系(復縁や不倫、男性心理など)や夫婦問題(コミュニケーションや仮面夫婦など)について書いています。37歳で出産し、一児の母です。人生のモットーは「自分の幸せは自分で決める」。

この著者の記事一覧 

SHARE