お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

彼氏とケンカしたときに送ってはいけないLINE

松葉暁

彼氏とケンカしたとき、ついつい心ない言葉を彼に送っていませんか? そのときの感情任せに放った発言が、あとあと最悪の事態に……なんてことは、未然に防ぎたいですよね。
今回は「彼氏とケンカしたときに送ってはいけないLINE」を社会人男性のみなさんに聞いてみました!

子どもみたいな罵倒や暴言はやめて!

・「相手のことをブスとかバカとか、子どもみたいに責めること」(36歳/情報・IT/技術職)

・「感情のままに相手を罵倒する文言」(39歳/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)

感情のままに汚い言葉で罵倒するのは、自分の品格も下げてしまいますね。一旦深呼吸して、冷静に話し合いましょう。

過去のことをぶり返す

・「過去のできごとをぶり返してあおること」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「とにかく昔のことをぶり返すようなことを何度も送ってくること」(37歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

ケンカの原因とは関係のない過去のできごとをぶり返すLINEは、多くの男性が嫌悪感を抱くようです。過去のことは過去のこと、と割り切りましょう。

一方的に責め立てられる

・「一方的な自分の意見、考え方だけしか言わない。相手の考えを一切聞かない」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「相手側が悪い、謝るべきということを一方的に送ること」(25歳/建設・土木/技術職)

一方的に責めても、彼は納得しませんよね。たとえ彼に原因があっても、彼の言い分をきちんと聞く姿勢を心がけましょう。ケンカもこじれにくくなるかもしれません。

元彼と比較される

・「過去の関係ない話を持ち出したり、元彼などのほかの男性と比較したりするのはダメだと思います。余計、話がこじれる」(30歳/食品・飲料/営業職)

・「元彼はよかったんだけどなぁ、など」(27歳/学校・教育関連/専門職)

「元彼のほうがよかった」と思っても、口にしては絶対にダメですよね。向き合っているのは今の彼。ただただ不快な思いをさせるだけですね。

すぐに「別れよう」と言う

・「簡単に別れようとか、私を捨てるとか極端な言葉を投げられる。努力して改善する会話をしたいのに逆に作用する」(38歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「思ってもいないのに、もう別れよう的な発言をする」(39歳/小売店/技術職)

別れるつもりのない「別れよう」ほど、ウンザリするものはありませんよね。彼が冷静なほどその発言は逆効果です。彼を試すようなことはやめましょう。

まとめ

今回のアンケート結果に、心当たりのある女性もいるのではないでしょうか? 女性側にもたくさんの言い分があると思います。大好きな彼氏とよい関係性を保つためにも、ときにはぐっとこらえて接してみるといいかもしれません。

(マイナビウーマン編集部)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2019年1月28日~2月6日
調査人数:441人(22~39歳の働く未婚男性)

お役立ち情報[PR]