お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

本当はうれしくない彼女からのLINE

マイナビウーマン編集部

自分は楽しくLINEしているつもりでも、彼氏からするとまったくうれしくないやり取りを続けてしまっている可能性もあるみたいです。今回は、社会人男性に「彼女からきてうれしくないLINE」の内容について聞いてみました。

スタンプを多用してくる

・「スタンプのみとか、もはや反応に困る」(31歳/電機/技術職)

・「LINEで、スタンプを送られてもうれしくない」(29歳/不動産/営業職)

かわいいと思って送っているつもりで送っているLINEのスタンプかもしれませんが、男性からすると反応に困るという意見も……。スタンプは適度に控えたほうがいいかもしれませんね。

読むのが面倒になる長文

・「文章が長いと、返すのが面倒だと感じるLINE」(31歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「明らかに無駄な連絡。長文などはもはや長い文書」(34歳/建設・土木/技術職)

長文のLINEは読むのも、返信するのも面倒と感じる男性は多いようです。送るタイミングを考えたり、長文ではなく電話で話したりするなど、連絡方法を考えたほうがいいかもしれませんね。

中身のない内容

・「内容の乏しいメッセージは、正直、返信に困ります」(38歳/学校・教育関連/その他)

・「どうでもいい内容のLINEは、送ってこられても迷惑」(30歳/商社・卸/事務系専門職)

LINEしたいからといって、内容がまったくないLINEは嫌がられがちです。彼氏のことを考えて、疑問形で送るなど返信に困らないLINEを送ることが大事なよう。

束縛LINEは既読もつけたくない

・「束縛の内容の連絡」(29歳/運輸・倉庫/技術職)

・「今どこにいるのか、という束縛メール」(38歳/金融・証券/専門職)

「今なにしてるの?」「なんで返してくれないの?」なんてLINEが一行目に入ってしまうと既読すらつけたくない男性も多いようです。彼氏のことが気になっても「仕事終わったー?」など、やわらかい聞き方のほうがよさそうです。

冷めてしまう定型文LINE

・「敬語を使った事務的なLINE」(37歳/その他/その他)

・「『今日はごちそうさまでした』的な他人行儀なLINE」(36歳/学校・教育関連/事務系専門職)

心のこもっていないような定型文のLINEならこないほうがいいという男性の意見もありました。好きな彼に送るなら、オリジナルな文章でLINEしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。男性からすると、うれしくない内容のLINEを送ってしまっている女性も多かったのではないでしょうか? 彼氏からの返信が最近冷たいと感じていたら、LINEの送り方を少し考えたほうがよいかもしれませんね。

(マイナビウーマン編集部)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2019年1月28日~2月4日
調査人数:411人(22~39歳の働く未婚男性)

お役立ち情報[PR]