お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 出会い

結婚を引き寄せる! 今すぐできる良縁寄せの法則

コラムニスト・ひかり(恋愛コラムニスト)

「今年こそ結婚する!」

なんだか毎年こう言ってる……なんて人も少なくないかもしれません。

生涯未婚率が上がり、50歳までに一度も結婚したことがない人は、男性は23%(5人にひとりが独身)、女性は14%(7人にひとりが独身)となっています。(※2015年国勢調査)

「一生独身でいる」と決意している人であれば問題ありませんが、結婚をしたいけど、なかなかできない人もいるのではないでしょうか。

そんな人たちは、結婚を引き寄せるためにはどうしたらいいのでしょうか。コラムニスト・ひかりが紹介します。

結婚を引き寄せる4つの考え方

結婚を引き寄せる考え方とは、どんなものでしょうか。

次の4つの考え方をオススメします 。

結婚を肯定する

両親の仲が悪かったり、間近で離婚するカップルを見ていたりすると、気づかない間に結婚に対してよくないイメージを持ってしまっている人もいます。

でもこれでは結婚を遠ざけてしまします。

「引き寄せの法則」というものを聞いたことないですか? 自分が強く思ったり願ったりしたことが実現に向かいやすいといわれるものです。

それは単に子どもじみた「おまじない」というわけでもなく、人は無意識に “自分が肯定的にとらえているもの、興味がある方向”に行動するようになっているので、その分、実現しやすいのです。

つまり、結婚したいのであれば、まずは内面から、「結婚はステキなこと」だと思えるようになったほうがいいのです。

自分の魅力に自信を持つ

自分に自信を持つことが、結婚を引き寄せるにはとても大切なことです。

自分で自分のことを認められないのに、「ありのままの自分を受け止めてほしい」と望む人は少なからずいます。

人に何かをプレゼントするときでも、「これ、すごくいいから使ってみて!」と渡すのと、「これ、たいしたものではないけどあげる」と渡すのとでは、ずいぶん印象がちがいますよね。

自分を自分で認められない人は、他人に上手にアピールができません。

そんなこといったって、自信なんてそんな簡単に持てないよ、なんて思いますよね。

自信を持つためには、自分磨きをすることが大切です。より魅力的に成長することで、自信を高めることができるのです。

絶世の美女や、モデル体形になる必要はありません。自分磨きの努力を怠らないことが、自分の自信へとつながってくるはずです。

相手を「幸せにしたい」と思う

結婚を引き寄せられない多くの人が、 “自分が得する相手”と結婚したいと考えがちです。

そんな人は、一度、相手の立場に立ってみることが大事です。そして「相手にとってあなたは、一緒になると幸せになれる人なのか」を考えてみましょう。

結婚相手に幸せにしてもらおうと思っている人に対して、多くの人は魅力を覚えないものです。逆の立場だったらそう思いませんか?

まずは「自分で自分を幸せにできる」ようになりましょう。そして、相手に幸せを与えられるくらいの人になることが大切です。

「幸せにしてほしい」ではなく「幸せにしたい」と思えるようになると、自然と周囲にいいご縁の男性が集まってきます。

人と調和する大切さを理解する

結婚とは、「パートナーと調和していくこと」といっても過言ではありません。

結婚をしたいのであれば、調和の大切さをきちんと理解することが大切です。

結婚したら、今までとちがう環境で育ってきた者同士がともに生活をします。そのためにはパートナーと“折り合い”をつけることが重要となってくるのです。

どんなにルックスがよくても、社会的地位があっても、人と仲よくやっていけない人とは、誰も結婚したいとは思ってくれません。

だからこそ普段から、自分の我ばかりを通さず、人と調和していこうと思えるようになることが大切です。

次ページ:結婚を引き寄せる行動

お役立ち情報[PR]