お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 生活

気品とは? 気品が漂う女性の特徴と身に付け方

西出ひろ子(マナーコンサルタント)

美しい女性は振る舞いに「気品」があるといわれます。では、この気品とは一体なんのことなのでしょうか? 今回は、気品の意味や気品のある女性の特徴を紐解き、気品ある女性になる方法を探ります。

気品の意味と気品のある人の特徴

まずは、気品の意味や気品ある人の特徴について、『運命を味方につける プリンセスマナー』の著者でもあるマナーコンサルタントの西出ひろ子先生に聞いてみました。

気品とは

「気品」という言葉を広辞苑で調べると、

どことなく感じられる上品さ。けだかい品位。品格。「―のある物腰」
(『広辞苑 第六版』P.699より引用)

とあります。このように気品とは、着飾ったり外面を取り繕うものではなく、内面の美しさが自然と外面に漂うことを指します。

気品がある人の特徴

(1)目がほほ笑んでいる

「笑顔」と「ほほ笑み」は若干異なります。口を開けて笑う明朗なイメージのある「笑顔」に対し、「ほほ笑み」は口を開けずに「目」で表現するもの。気品のある人は目でほほ笑んでいます。目がほほ笑んでいるのは心からほほ笑んでいる証拠。無理につくったものではない心からのほほ笑みであるので、口角も自然に上がりますし、気品も漂うのです。

(2)相手ファーストの心を持っている

気品のある人は、自分のことよりも周囲を優先する心を持っています。常に360度周囲に気を配ることを自然に行い、思いやりのある行動を取ります。

(3)体の動きがしなやか

気品のある人は姿勢がよく、指や足もきれいにそろえています。また、姿勢だけでなく指の動かし方や歩き方も美しいです。それらの動作には固さがなく、自然なしなやかさが備わっています。

(4)言葉に思いやりがあり、聞き上手

気品のある人は丁寧な言葉を用いて会話をします。ネガティブな言葉や悪口は言いません。また、自分のことよりも相手を優先させるため、相手の話を聞き、相手を思いやる言葉をかけます。

(5)頑固とは異なる「凛とした考え」を持っている

気品のある人は常に平常心を保っており穏やかです。しかしその中にも、確固たる考えや生きる姿勢、つまり「凛とした生き方」を持っています。それは「頑固さ」とは異なるものです。

次ページ:気品のある女性の印象と身に付ける方法

お役立ち情報[PR]