お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

あなたは大丈夫? 嫌われる人の10の共通点

高見綾(心理カウンセラー)

「嫌われる人」には共通点があるのでしょうか? 今回は、心理カウンセラーの高見綾さんに嫌われがちな人の特徴や、「嫌われてるかも」と思ったときの対処法を詳しく教えてもらいます。

嫌われがちな人の性格・言動の特徴

そんな「嫌われやすい人」に共通する特徴はあるのでしょうか? 性格・言動別にご紹介します。

性格の特徴

(1)心配性で不安になりやすい

不安になりやすく、できたところよりもできなかったところを見つけがちです。基本的にマイナス思考なので、それほど悪いできじゃなくても「はぁ、うまくいかなかったわ」と独り言のように自分の愚痴を言う人が多いです。

(2)感情の起伏が激しい

感情をコントロールすることが苦手なので、自分の思い通りにならないことには反応しがちです。ちょっとしたことでイライラすることもある一方、注意されると傷ついて取り乱し、落ち込んでしまうことも。

(3)内向的な性格で何事も消極的

内向的で、基本姿勢が受け身です。警戒心が強いので、自分から心を開こうとせず打ち解けるのに時間がかかります。

(4)プライドが高く上から目線

自分はできると思っており、周りの人を少し下に見ているところがあります。

プライドが高いので、自分が認めた相手ではないと話を聞き入れようとしません。競争心があり、基本的には何事に対しても自分の判断が正しいと思っています。

(5)マイナス思考のかまってちゃん

悲観的な物の見方をしがちです。寂しがりやで、かまってほしいと思っています。

そのため、「私は大変なの」「私なんて駄目だからさ」と自己卑下をして、人の気を引こうとしがちです。

言動の特徴

(1)周りを下げる発言をしがち

会話を盛り上げるためのネタとして、「あの人、ちょっとね」と誰かを下げる発言をしたり、相手を褒めようとして「あなたはすごいと思うよ。だってこんな人もいるからさ、ほらあの先輩だって……」と他の人を下げる発言をしたりします。

本人に悪気はないのですが、聞いた人はあまり気分が良くないですよね。

(2)謙遜を装った自慢をする

表向きは「私なんて本当に駄目だからさ……」と謙遜しているものの、「私ってすごいでしょ」という自意識の強さやプライドが見え隠れする発言をします。

かえって嫌味に聞こえてしまい、鼻につく感じがします。聞いている方としては、ストレートな自慢の方がむしろすっきりします。

(3)下心ありで褒めてくる

自分の印象を良くしたくて、「〇〇さん、さすがです!」などと褒めてきます。

表向きは褒めているだけなのですが、下心がにじみ出てしまっているので、褒められた方としてはストレートに受け取りづらく、もやもやしてしまうことが多いです。

(4)反応が薄い

自分から周りに話し掛けようとせず、また、話を振られたときの反応もYESかNOだけで終わってしまったりすると、会話が続きません。

無口で反応が薄いと、周りは「この人は私と関わりたくないのかな」と気を使うことになり、距離を置かれる一因となります。

(5)人の話に自分の話をかぶせてしまう

「あのね、こういうことがあってね」と人が話を始めているのに、「あ、それね、私もあったわ!」などと言って割り込んで、自分の話にすり変えてしまいます。

周りとしては自分の話したいことを全部言う前に、話題を取られてしまうので気分は良くないですよね。

次ページ:嫌われる言動を取ってしまう心理

SHARE