お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

私ってキープ? キープされやすい女の特徴と見抜き方とは

藤野晶/dcp

本命の女性に振られたときに、すぐにほかの女性と付き合うような男性がいます。本命ではない女性を「キープ」などといい、たとえ本命に振られたとしてもキープしている女性と付き合うことで、常に彼女がいる状態を維持できるわけです。もちろん、多くの女性はキープにはなりたくないでしょう。今回は男女別にアンケートを行い、「キープされやすい女の特徴」や「キープされているかどうかの見抜き方」を調べてみました。

キープしやすい女とは?

女性をキープする男性の心理を紐解くため、男性にアンケートを行いました。まず「キープされやすい女性の特徴」を聞き、次に「女性をキープしたことのある男性の割合」「どうして正式に付き合わずに『キープ』したのか」について調べました。

キープされやすい女の特徴とは

未婚男性362人に「『キープされる女性』に共通する特徴」について聞きました。(※1)

男性にとって都合がいい

・「男に尽くすなど、都合のよい行動をするところ」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「すぐに男の思いどおりになってしまうタイプの女性じゃないかと思う」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

押しに弱い

・「気が弱そうで言いたいことが言えず、押しに弱い女性」(35歳/食品・飲料/技術職)

・「人がよい女性に多い気がする。あまり他人に強く言えないタイプの女性」(37歳/機械・精密機器/その他)

キープする側の男性に依存している

・「ひとりの男に依存していて、その人がいないと駄目な人」(26歳/その他/技術職)

・「そこそこ扱いが雑でもついてくる。付き合ったら、男への依存度が高くなる人」(36歳/団体・公益法人・官公庁/販売職・サービス系)

キープしやすい女性には「男性にとって都合がいい」「あまり自己主張せず押しに弱い」「男性に依存している」といった特徴があるようです。このような特徴が自分に当てはまるという女性は、「キープしやすい女」と思われているかもしれませんよ。

女性をキープした経験のある男性は約16%

同じ362人の男性に「キープしている女性がいるかどうか、または過去にいたことがあるかどうか」を聞きました。

Q.あなたはキープしている女性がいますか? または、いたことがありますか?

いる(16.3%)
いない(83.7%)
(※1)有効回答数362件

「いる(いた)」と答えた人は16.3%でした。女性をキープしている男性は、それほど多くないといえそうです。この男性たちは、どうしてきちんと付き合うのではなく、女性を「キープした」のでしょうか。

キープされる理由

上の質問に「いる」と答えた人に、「なぜ、きちんと付き合わずにキープすることを選んだのか」について聞いてみました。(※1)

都合がよかったから

・「彼女にするには満たしていない条件があるが、キープ状態でも受け入れてくれるので」(35歳/その他/クリエイティブ職)

・「付き合うとデートしなきゃいけない。男女の関係はあったから、そのほうが楽でいいかなと思っていた」(33歳/情報・IT/クリエイティブ職)

現在付き合っている彼女など、本命がいるから

・「今は付き合っている彼女がいるから」(39歳/建設・土木/技術職)

・「当時付き合っていた女性がいたのですが、別れる理由がそのときはなかった。キープという形になった女性のほうが魅力的だったが、付き合って本性がわかってしまうと、あとあと後悔しそうだったから」(37歳/機械・精密機器/その他)

ほかの女性ともやりとりしていたから

・「婚活だったので。婚活している者の暗黙の了解で、複数の人に連絡を取ってよさそうな相手をキープすることは、男女関係なく普通にやっていた」(28歳/建設・土木/技術職)

・「ほかの女の子とも連絡を取り合っていたから」(24歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

「都合よく遊べる相手としてキープした」「ほかに本命の相手がいた」「本命がいるわけではないが、手広く相手を探していた」といった意見が多く挙がりました。また、フリーの男性はなるべくいい相手と付き合いたいと考えており、親しくなった女性をとりあえずキープしておいて、別にさらにいい女性を探すことがあるようです。「キープされる女」にはいいイメージを持てないでしょうが、一応男性なりに言い分はあるようです。

次ページ:キープされている!? 見抜くことはできる?

お役立ち情報[PR]