お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

面倒くさい「頑固な人」を説得したい! 仕事や恋愛で使えるテクニック

織田隼人(心理コーディネーター)

自分が決めたことは絶対に曲げない、頑固な人ってどこにでもいますよね。仕事面でも恋愛面でも、頑固者とのお付き合いは一筋縄ではいかないもの。でもどうにかして、頑固な人とうまく付き合っていきたいと考える人も多いはず。心理コーディネーターの織田隼人さんに、頑固な人とうまくコミュニケーションをとる方法を聞きました。

■頑固な人の特徴と心理

そもそも頑固な人はどんな特徴があるのでしょうか。その特徴と、頑固な人に見られる心理を教えてもらいましょう。

◇頑固な人の特徴とは

頑固な人に共通する特徴として、人の話を聞かずに自分の意見を通そうとする傾向があります。かたくなに自分の意見を固持するところから「頑固」といわれますが、まさにその通りで、自分の意見を曲げようとしないのです。また、人の意見もあまり受け入れようとはせずに、自分の意見こそが正しいと思っている節があります。人の話を聞かないために融通が利きにくく、まわりからは扱いづらい人と見られやすいのも特徴です。

◇頑固な人の心理や原因

☆一貫することに対してのこだわりが強い

頑固な人は考え方をコロコロ変える人を信用せずに、一貫してひとつの考えを貫くことが正しいと考える傾向にあります。実際に、考え方を変えずに貫く人は社会的信用を得やすいので正しいことではあるのですが、そこにこだわりすぎて結果的に人の話を聞かなくなってしまいます。

☆正義感が強い

頑固な人はいいことと悪いことを、白黒はっきりつけようとすることがあります。また「いいことはすべき」で「悪いことはすべきでない」と、単純な意思決定をする傾向も。そのため正しいことを常に実行している、という気持ちになっています。大抵の場合は正しいことをそのまま実行しているので、問題は起きずにむしろ印象はよくなります。しかし「多人数で協力し合って決めていく」場合には、白黒つかない問題でも、無理矢理にでも白黒つけようとしてまわりから面倒がられることもあります。

☆自分の思った世界を作りたいと思っている

頑固な人は「自分の考えが正しい」ということを信じている部分があります。自分が正しいのだから、世界も自分の思った通りになるべきである、という考え方も持っているケースが多いのです。そのため、いろいろなことを自分の思い通りに動かそうとします。また、思い通りに動かないと不機嫌になってしまうことも。その一方で行動力があって、実際にその行動で世の中がよくなることもあります。

次ページ:面倒くさい! 頑固な人との付き合い方

お役立ち情報[PR]