お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 結婚

週末婚って? 向いている夫婦と向いていない夫婦

澤口珠子(婚活・女子力アップコンサルタント)

週末婚のメリット・デメリット

週末婚のメリット

メリット1:キャリアを諦めずにすむ

特に、結婚後も今の仕事を続けたいと考える女性に週末婚はおすすめです。結婚後に男性が転勤となった場合、女性側が仕事を辞めて男性についていくことが多いと思います。その結果、結婚をきっかけに自分のキャリアややりがいのある仕事を諦めざるをえず、大好きな仕事を犠牲にしてしまう女性が多いのです。特に男性が度々転勤をする転勤族の場合、女性が赴任先で正社員として新たな仕事に就くのは難しいでしょう。

しかしながら、週末婚のスタイルを選択すれば、転勤族の男性と結婚したとしても女性はキャリアを断念せずに、これまで通り仕事に邁進できます。また、同居婚に比べると家事の負担が少ないので、仕事と家事の両立に悩むこともなく、そのぶん全力でお仕事に打ち込めるメリットも。平日はお仕事に全力投球、週末は旦那さんとの甘い結婚生活、というメリハリある生活を送ることが可能になるのです。

メリット2:いつまでも新鮮な気持ちでいられる

旦那さんとずっと一緒に過ごしていると、男と女というよりも「家族」となりマンネリ状態になってしまったり、異性としての魅力を感じにくくなったりしがち。相手がいるのが当たり前となり、感謝の気持ちを忘れて、ついつい喧嘩したりすることもあります。しかし、週末婚の場合は休日しか会えませんので、馴れ合いにならずいつまでも恋人同士のような新鮮さを保てます。平日にたっぷり自分の時間があるからこそ、2人で過ごす時間を大切にしようと思えるのですね。

メリット3:独身の時と同じペースで生活できる

「結婚後の生活スタイルの変化に不安を感じる」「結婚して相手のために何かを犠牲にしたくない」という女性にも「週末婚」はおすすめ。週末婚なら家事もそこまで負担にならないので、平日は独身時代と同じペースで生活することが可能だからです。結婚相手に気づかう必要もないので、友人やお付き合いの飲み会など、平日の夜を今まで通りに楽しむことができますよ。

週末婚のデメリット

デメリット1:お金がかかる

同じ家に一緒に暮らす同居婚に比べると、週末婚は家賃や光熱費などの生活費がそれぞれ必要。必要な金額は単純計算で約2倍になります。また、単身生活だとどうしても外食が多くなり、食費の出費もかさみますよね。結果、お互い仕事に没頭できても貯金ができないということにもなりかねません。別々に暮らしてお互いが自立しているので、「相手の経済状況がわからない」というデメリットもあります。

デメリット2:コミュニケーション不足になる

一緒に暮らしていないため、当たり前ですがコミュニケーションが不足しがちに。ちょっとした相談をリアルタイムでできなかったり、日々の出来事のシェアができなかったり、不便に感じることも多いでしょう。また、コミュニケーションには言葉だけでなく、表情やボディランゲージ、スキンシップなど、実際に会わなければできないノンバーバル・コミュニケーションがたくさんあります。たとえば、言葉を交わさなくても、相手の雰囲気や気配で相手の状態がわかることがありますよね。こうしたコミュニケーションの積み重ねが夫婦の絆を強くしてくれるのです。コミュニケーションが不足すると、ささいな言葉の行きちがいや誤解がケンカのもとになり、2人で過ごす貴重な週末がストレスになってしまう可能性もありますので注意が必要です。

デメリット3:自由&自立しているがゆえに離婚しやすい

週末婚を選ぶカップルは、お互い精神的・経済的に自立できているカップルが多いと思います。自由な時間が多くても、お互いを信頼し束縛や干渉をしない傾向が。これが裏目に出てしまうと浮気をしやすい環境、かつ、浮気をしてもバレにくい状況といえるでしょう。そうなると、生活もお財布も別々であるがゆえに、ちょっとしたほころびで簡単に離婚を選択することにもなりかねません。また、離婚調停の婚姻費用分担請求や財産分与請求において、同居婚よりも不利になりがちというデメリットもあります。

次ページ:週末婚をする上で注意するべきこと

お役立ち情報[PR]