お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 働き方

几帳面な性格の特徴とは。その長所と短所

大野萌子

几帳面な性格と言われると、どんな印象を持ちますか? 仕事が丁寧にできて、ミスも少ないスマートな人を想像しますよね。だからこそ、「几帳面だね」と言われて嫌な気分になる人は少ないはず。しかし、几帳面な人は、細かいところに気を配れるが故に、こちらまで過剰に気をつかってしまうことも。そこで几帳面な人の特徴やその長所と短所、そして几帳面な人がうまく人間関係を築くためのアドバイスを心理カウンセラーの大野萌子先生に聞きました。

■几帳面な性格の特徴

まずは、几帳面な性格の特徴について、3タイプを教えてもらいました。

◇1.自分にも相手にも完璧を求める神経質タイプ

例えば、資料の表を均等に配置していないため、イライラして作成のやり直しを依頼するなどのように、他人が行ったことに対して、完璧な仕上がりを期待する傾向があります。自分のことを完璧にする一方で他人にも同じことを求めてしまう、細かいことが気になる神経質なタイプです。

◇2.自分のポリシーは譲れないこだわりタイプ

自分のこだわりのある一部のことだけ、徹底的に突き詰める傾向があります。部屋は汚いが、手帳の文字は印刷したように几帳面に書くなど、これだけは譲れないという自分基準があり、その部分を完璧しようとするタイプです。一点集中型とも言えますね。

◇3.空間認識が優位、整理整頓大好きタイプ

部屋などがきちんと整理されていて、かつ物を置く場所にこだわる傾向が強いです。いつもの場所に物がないと落ち着かないことも。また、地図を見ることが得意で、初めての場所でも迷うことは少ないと思います。オフィスでも勝手に物を片付けてしまったり、配置を変えてしまったりする人はこのタイプ。物事を合理的に考える傾向があります。

次ページ:几帳面な性格の長所とは?

お役立ち情報[PR]