お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 スキル

意外と知らない!? 正しい「お辞儀」、できますか?

松本繁美(マナーアドバイザー)

ビジネスマナーとしてのお辞儀のポイント

一般的なお辞儀の種類についてわかりましたね。しかし、ビジネスシーンでは、また違うルールが存在します。場面によって変わる、正しいお辞儀について先生に詳しくお聞きしました。

客先訪問

お辞儀と距離

ビジネスの始まり、名刺交換時のお辞儀は不可欠で、互いの第一印象となる大切な要素です。このとき、相手との距離はどれくらい取ればよいのでしょうか。これは、あいさつをしたり、物(名刺や書類など)を受け渡すのに必要な距離となります。両腕の脇を締めひじを90度に曲げて、手先を前に出したときの距離で、相手も同様なので「ひじから中指までの長さ×2」が相手との距離の目安です。これ以上遠いと、お尻を突き出した不格好なお辞儀になってしまいますし、近すぎても圧迫感や不快感を与えかねません。コミュニケーションを取りやすい距離感を認識できるようになりましょう。

着席時のマナー

応接室や会議室など椅子がある場合、椅子の横であいさつやお辞儀をしてから着席します。この時、お客さまを招く立場であれば、入室時はお客さまより後に座り、退出時はお客さまより後に席を立つよう気をつけましょう。

和室でのマナー

和室では「頭の位置」で関係性をはかるので、立ち上がってあいさつすると相手を見下ろすことになってしまいます(「頭が高い!」というセリフもありますね)。座ったまま「座礼」をしますが、一度座布団をはずして畳の上でお辞儀をします。手の付き方などはさまざまですが、まずは座布団から下座に降りるということを覚えましょう。

相手や場所によって異なるお辞儀のコツ

お辞儀は通常、立ってするものです。例えば、上司や先輩、客先より先に着席して待っていたとしても、相手が入ってきたら起立して「立礼」をします。座ったまま頭を下げるというのは、相手に不遜な印象を与えてしまいます。また、立ちあがってまでお辞儀をする必要がない時、例えば訪問先でお茶を運んでくれた人などには着席のままでも「ありがとうございます」などと声をかけ、少し頭をさげます。この会釈にあたる「浅いお辞儀」は、便利なもので、例えば、自分が担当でない来客などをオフィスで見かけたときも、声をかけないまでも笑顔で会釈をすると好印象です。会釈は、廊下や道ばたで上司や先輩、知人やお客さまを見つけても、距離があって声をかけられないシチュエーションでも活躍します。立ち止まって、にっこりと会釈をしましょう。笑顔に勝るビジネス・ツールはありません。

マナー違反なお辞儀

マナー違反なお辞儀として、頭だけピョコリと下げるお辞儀が挙げられるでしょう。腰から頭まで背筋を一直線にするのが望ましいですが、頭だけでお辞儀をする人が意外と多いようです。同様に、頭だけペコペコ何度も下げるのも考えもの。お辞儀は回数ではなく、一度でも丁寧さや相手を敬う気持ちを表現できます。また、姿勢が悪く猫背なのもNGです。きちんと姿勢を正して、お辞儀をしたいものです。

次ページ:まとめ

お役立ち情報[PR]