お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド スポット

空飛ぶペンギンも! リニューアルした「サンシャイン水族館」で夏を楽しもう

ガラクティ

都会のど真ん中、池袋にある「サンシャイン水族館」が2017年7月12日(水)にリニューアルオープン。世界初を含む5つの新しい新展示が取り入れられ、より進化した“天空のオアシス”が誕生しました。ビルの屋上にいるとは思えない、開放感・躍動感を感じるこの「サンシャイン水族館」を詳しく紹介します。

「サンシャイン水族館」の空飛ぶペンギンの展示。

「サンシャイン水族館」の空飛ぶペンギンの展示。(サンシャイン水族館提供)

■ペンギンが空を飛ぶ! 驚きの展示

都会の空を飛んでいるように見えるペンギン。

都会の空を飛んでいるように見えるペンギン。

まず注目すべきは、世界初の展示方法となる「天空のペンギン」。頭上を覆うように大きくオーバーハングした幅約12mの巨大水槽内で自由に泳ぐケープペンギンは、まるで都会の空を飛んでいるように見えます。水槽を見上げれば、頭上を元気に泳ぐペンギンの姿が楽しめるダイナミックな展示となっています。

幅約12mの巨大水槽内で自由に泳ぐケープペンギン。

幅約12mの巨大水槽内で自由に泳ぐケープペンギン。(サンシャイン水族館提供)

自分が空の上にいるのか、水の中にいるのか分からなくなる、そんな不思議な感覚をぜひ体験してみてください。

ペンギンの給餌パフォーマンス。

ペンギンの給餌パフォーマンス。

ペンギンの給餌パフォーマンス「ペンギン・ダイビングタイム」(11:45~/15:45~ )では、普段のかわいらしいペンギンの姿とは一味違った、豪快にエサを食べる姿を見ることができます。泳ぐ速さもこの時ばかりは本気モード!

草原のペンギンの展示。

草原のペンギンの展示。

こちらも世界初の展示方法となる、ケープペンギンが本来暮らす緑の世界をイメージした「草原のペンギン」。都会の屋上に草原や滝のある環境が作り上げられた空間です。

ペンギンと言うと、水の中や氷のある岩場にいる姿をイメージしがちですが、野生のケープペンギンが棲む南アフリカ・ケープタウンには砂浜が広がり、草原もあります。

そんな本来のケープペンギンの暮らしを都会の真ん中で見ることができる「草原のペンギン」。ここが東京のビルの屋上だなんてなんとも不思議な感覚です。この展示エリアでは、夜に訪れても寝ているペンギンたちに会えます。

都会の真ん中で仲良く暮らすペンギンの姿。

都会の真ん中で仲良く暮らすペンギンの姿。

20羽ほどのペンギンが仲良く暮らす「草原のペンギン」エリアには、比較的のんびりした性格の子が多いのだとか。給餌パフォーマンス「ペンギン・フィーディングタイム」(10:45~/13:30~)では餌を食べる姿だけでなく、ペンギンの子育てや成長過程についての解説を聞くこともできます。

次ページ:頭上でくつろぐペリカンや、かわいらしいカワウソも

お役立ち情報[PR]