お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 メイク

乾燥肌必見! 医師が教える、ファンデーションの選び方&塗るポイント

宇井千穂

乾燥している肌にファンデーションを塗っても、嫌なところを隠すどころか、ファンデーションが浮いたり、ムラができるなど、さんざんな仕上がりになりませんか? しかし、いくつかポイントを押さえるだけで、グッとキレイな仕上がりに。そこで今回は、ファンデーションの種類やファンデーションを塗る前のスキンケア、ファンデーションの塗り方について、皮膚科医の宇井千穂先生に解説してもらいました。

ファンデーション

■乾燥肌にオススメのファンデーションの選び方って?

乾燥肌の人はどのようなファンデーションを選べばいいのでしょうか。まずは、ファンデーションの種類別に特徴をチェックしていきましょう。

化粧品

◇リキッドファンデーション

リキッドファンデーションは、液体のベース剤が入っているため、皮膚の表面にファンデーションがピッタリとくっつきます。そのため、肌なじみがよく、液伸びもいいです。肌なじみがいいことから、シワやシミをカバーするのにオススメ。また、効果をキープする力もあります。しかし、厚塗りやムラになってしまうこともあるので、適量以上を使用しないように注意しましょう。油性成分が肌の表面を覆ってしまうので、成分による肌への負担も大きくなります。乾燥肌、敏感肌の人は、リキッドファンデーションの成分を見て、オーガニックなどの低刺激性のものを選んで使用しましょう。

◇クリームファンデーション

クリームファンデーションは、液体であるリキッドファンデーションよりも油分が多いため、カバー力やキープ力が高いことが特徴です。液体より保湿力が高く、乾燥肌の人など、肌をしっとりとさせたい人に向いています。しかし、油分が多く含まれるため、皮脂がたまると、角栓が詰まり、吹き出物になってしまいます。また、しっかりと肌に密着するので、クレンジングや洗顔をきちんとしなくてはなりません。

◇パウダーファンデーション

パウダーファンデーションは、油分が少ないのでムラになりにくく、さらっとした使用感があります。また、肌の表面にベッタリとつかないので、肌への負担は少なめです。ただし、カバー力やキープ力は、前述のリキッドファンデーションやクリームファンデーションと比べると劣ります。

◇ミネラルファンデーション

化粧品でかぶれたり、ニキビや敏感肌などで悩んでいる人は、ミネラル成分のみを使用したタイプのファンデーションを選びましょう。最近は、酸化しやすい鉱物油や毛穴に残りやすい合成ポリマー、アレルギーや肌トラブルを起こしやすい防腐剤や界面活性剤などを抜いてつくられたものが多く出ています。しかし、肌に負担が少ない分、カバー力は期待ができません。

次ページ:ファンデーションを塗る前にすべきこと

お役立ち情報[PR]