お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

告白の仕方は何がいい? アンケートで高評価の告白テクニック

ファナティック

好きな人に告白をしようと思ったとき、タイミングや場所、セリフなど、考えるべきことはいろいろありますよね。どのような告白をすると、成功率が高まるのでしょうか? 今回は、実際に告白が成功したことのある女性たちに「成功率が高い告白の仕方」についてアンケートを取りました。

好きな人に告白をしようと思ったとき、タイミングや場所、どんな言葉で伝えるかなどを悩んでしまいますよね。

告白に成功して幸せをつかんだ人は、どんな告白の仕方をしたのでしょうか?

今回は、実際に告白が成功したことのある人たちに「成功率の高い告白の仕方」を聞いてみました。

成功した「告白の種類」ランキング

好きな人に告白をするのなら、絶対にOKをもらって付き合いたいもの。まずは、告白が成功したことのある人たちが実践した「告白の種類」を聞いてみました。(※1)

Q.どのような方法で告白しましたか?

第1位「直接」……67.6%
第2位「メール・LINE」……20.0%
第3位「電話」……9.0%
※4位以下省略・単一回答式

約7割近くの人は、ストレートに告白しているようですね。ハッキリと口にしないと、気持ちを汲み取ってくれない人もいるでしょう。くわしい理由とエピソードを聞いてみました。

1位:「直接」

・「まず相手の表情が見られないと嫌なので、メールや電話はNGだと思ったし、好きと思ったら突っ走ってしまう性格なので」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「直接会って告白しないと、相手の反応を見ることができないので。悩んでOKしてくれたのか、迷わずOKしてくれたのが気になったから。相手の通う大学の正門に呼び出して、直接告白した」(28歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

2位:「メール・LINE」

・「すでにデートを何回か重ねており、メールのやりとりもほぼ毎日あり、相手にも好意がありそうなことがわかっている状況だったため」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「なりゆきで、LINEで告白。相手からも気持ちを聞いて、会いに行った」(34歳/医療・福祉/専門職)

◎告白の種類・まとめ

告白するときはメール・LINEや電話よりも、面と向かって相手の表情を見ながら告白することで、相手の気持ちも読み取れるもの。また、自分の真剣さも伝わりやすいですよね。直接告白したほうが、成功率が高いと言えるでしょう。

成功した「告白の時間帯」ランキング

告白するにしても時間帯を考えないと、相手の迷惑になってしまい、それが原因で告白を断られてしまうことも。告白成功者たちに、「どの時間帯に告白したのか」をアンケート調査してみました。(※1)

Q.どの時間帯に告白しましたか?

第1位「18時~21時」……40.0%
第2位「21時~24時」……34.5%
第3位「15時~18時」……17.9%
※4位以下省略・単一回答式

およそ7割近くの人は、夕方から夜にかけて告白しているようですね。みなさん、それぞれどんな理由でその時間帯に告白したのか、くわしく聞いてみました。

1位:「18時~21時」

・「相手の家に行って告白した。相手はひとり暮らしだったし、2人きりでないと言えないから」(28歳/その他/専門職)

・「夜に食事などデートをして、盛り上がってからのほうがいいと思ったから」(29歳/食品・飲料/その他)

2位:「21時~24時」

・「仕事が終わってからの時間帯のほうが誘いやすかったし、万が一断られても、寝て忘れられると思ったから」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「一緒に食事に行ってお酒などを飲んで、気持ちが緊張しすぎないタイミングで伝える」(34歳/建設・土木/事務系専門職)

◎告白の時間帯・まとめ

好きな人の都合やムードを考えるのなら、告白するにはやはり夕方以降が好ましいかもしれません。朝起きたばかりの時間帯や、仕事中で忙しいときなどは、相手の迷惑にもなりかねないのでやめておきましょう。

成功した「告白の場所」ランキング

続いて、告白が成功したことのある人たちに、どこの場所で告白したのか聞いてみました。場所は時間帯と同様に、告白の雰囲気を盛り上げてくれます。一体どの場所がベストなのでしょうか?(※1)

Q.どんな場所で告白しましたか?

第1位「自分の部屋」……17.9%
第2位「車の中」……14.5%
第3位「公園」……9.7%
第4位「相手の部屋」……5.5%
※4位以下省略・自由回答の内容を集計

「自分の部屋」で告白したという人が一番多い結果となりました。それぞれのくわしい理由とエピソードを聞いてみましょう。

1位:「自分の部屋」

・「自分の部屋。ふたりだけの空間がよかったから」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

・「自宅で家飲みをすることになったので、そのタイミングで」(33歳/学校・教育関連/技術職)

2位:「車の中」

・「車の中。送ってもらった帰りに、ちょっと話をしているときに」(32歳/小売店/事務系専門職)

・「車の中で遊びに行ったときに話をして」(29歳/医療・福祉/専門職)

3位:「公園」

・「公園。ゆっくりとコーヒーを飲みながらタイミングをうかがえるから」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「公園のベンチ。ふたりでいろいろ語りながら」(30歳/医療・福祉/その他)

4位:「相手の部屋」

・「彼の部屋で、ちょっと酔っ払いながら」(31歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「相手の家でいつもと変わらず接して、不意をついた」(30歳/医療・福祉/専門職)

◎告白の場所・まとめ

自分の部屋や車の中など、2人きりになれる空間で告白したという人が多いよう。お互いにリラックスできる場所のほうが、緊張感も緩んでうまくいくのかもしれませんね。

成功した「告白のセリフ」ランキング

告白するときに重要なのが、「告白のセリフ」。いかに自分の思いを届けられるか、前もって考えておく必要がありそうです。告白が成功した人たちに、どんなセリフで告白したのかを聞いてみました。(※1)

istock-637313986

シンプルに「好きです」

・「好きです、とシンプルに。余計なことは言わず、なりゆきに任せました」(34歳/不動産/その他)

・「ストレートに好きですと告白した。一番伝わりやすいと思った」(26歳/その他/販売職・サービス系)

ストレートに「付き合ってください」

・「付き合ってくださいのひと言だけ」(34歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ストレートに、付き合ってと言いました」(28歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

冗談っぽく「付き合う?」

・「あんまりもう覚えていないけど、たぶん『付き合う?』みたいな感じで疑問系にして告白した気がする。はっきり言うのは恥ずかしいから」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「『付き合わない?』って冗談っぽく言った」(29歳/医療・福祉/専門職)

気持ちを探るように「気になってるんだけど……」

・「『気になってるんですよねー』と。冗談に逃げられるように、探りを入れた」(29歳/自動車関連/販売職・サービス系)

・「『気になってますが、どうですか?』的な告白をした」(28歳/医療・福祉/専門職)

◎告白のセリフ・まとめ

遠回しなセリフだと、鈍感な人は気づいてくれないことも。つい駆け引きをしてみたり、工夫を凝らしたセリフを考えたくなりますが、やっぱりストレートな言葉のほうが相手の心にも響くことでしょう。

次のページを読む

SHARE