お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド マンガ

胸キュン必至の少女マンガが多数登場! この春話題の「メディア化コミック」TOP5

月間950万人が利用する電子書籍配信サービス「めちゃコミック」から人気コミックランキングをお届けします! 今回は、この春話題の「メディア化コミック」特集から、2017年4月のダウンロード数を集計。上位5作品をご紹介します。現在放送中のドラマ『恋がヘタでも生きてます』や6月に映画が公開予定の『兄に愛されすぎて困ってます』は、一体何位にランクインしているのでしょうか? ぜひチェックしてみてくださいね♪

■5位:『進撃の巨人』

%e9%80%b2%e6%92%83%e3%81%ae%e5%b7%a8%e4%ba%ba

『進撃の巨人』(C)諫山創/講談社

<あらすじ>

巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の戦いがはじまってしまう。

<レビュー>

「女子でも楽しめると思います」、「紙媒体でも全巻揃えちゃったよ! 読めば読むほどハマる!! 続きが気になるー!」

■4位:『恋がヘタでも生きてます』

%e6%81%8b%e3%81%8c%e3%83%98%e3%82%bf%e3%81%a7%e3%82%82%e7%94%9f%e3%81%8d%e3%81%a6%e3%81%be%e3%81%99

『恋がヘタでも生きてます』(C)藤原晶/小学館

<あらすじ>

美沙(みさ)は、総合商社の営業部でバリバリ働くキャリアガール。がんばり屋だし仕事もできる。美人だしいつもキレイにしている。でも実は恋愛スキルがナイ……。甘えるのがヘタ、誘うのがヘタ、プライドが高い。男たちは引いていくばかり……。ルームシェアしている親友・千尋(ちひろ)は百貨店の受付嬢で、子ども好き・家事好き・ボランティア活動にも熱心な、美沙とは正反対の女らしいタイプ。ふたりは姉妹のように仲よし。そんなふたりに転機が訪れた!

<レビュー>

「クスッと笑えて、キュンとして、涙して……本当に読みごたえある作品です!!」、「理不尽なことがあっても、がんばってる女性は大丈夫と思わせてくれる素敵な物語でした。後半は涙が止まらなかったです」

■3位:兄に愛されすぎて困ってます』

%e5%85%84%e3%81%ab%e6%84%9b%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%99%e3%81%8e%e3%81%a6%e5%9b%b0%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%be%e3%81%99

『兄に愛されすぎて困ってます』(C)夜神里奈/小学館

<あらすじ>

ぶっきらぼうだけどやさしい兄・はるか。そんなはるかと仲よしな妹・せとか。けれどある日、はるかのヒミツがわかって――!? イケメン兄とのまさかのラブストーリー、開幕!!

<レビュー>

「話の展開もだいぶ早いので、すらすらと読みやすいです。今後のお話がとても楽しみです!!」、「イラストはかわいいし、キュンキュンします! 読みはじめたら止まらなくて、一気に読んでしまいました!!」

■2位:『ひるなかの流星』

hirunakano-ryuusei_1k

『ひるなかの流星』(C)やまもり三香/集英社

<あらすじ>

幼いころに見た、真昼の空の流れ星。夢だったのか、それとも私の道しるべなのか──。すずめは田舎に暮らす女の子。親の転勤で、東京の高校に転入することになりました。上京初日、慣れない東京で迷子になったすずめが出会ったのは……? 恋も友情も全てが未知の新生活がはじまります!

<レビュー>

「最初から展開に無駄がなく、ハラハラドキドキで最後まで読めました!」、「ショートケーキの苺は先に食べるタイプの私が珍しく楽しみを取って置きたくなる作品。作者が登場人物を大切に思いながら描いているのが伝わってくるから、こちらもつい、大切に読み進めたくなります」

■1位:『PとJK』

p%e3%81%a8jk

『PとJK』(C)三次マキ/講談社

<あらすじ>

女子高生のカコが大人の合コンで出会った功太(こうた)は、やさしくて、ちょっと照れた顔が印象的。そんな功太といきなりいいムードになって……と思ったら、まさかの「P」!! 少女マンガ史上初、JKがPと××!?  「完璧☆彼氏彼女」で大人気の三次マキが放つ、笑えて泣けるLOVE&COPストーリー。

<レビュー>

「今まで沢山の漫画を読んできたけどこの漫画1番好きだなぁ!」、「ありふれた無茶な設定かな? と思いきや現実的な面もあって、真っ直ぐな主人公や相手の誠実さや、取り巻く登場人物の気持ちや個性が読んでて飽きさせません。コメディすぎずシリアスすぎず、時にキュンとさせてくれる、久々のお気に入り作品です」

■まとめ

1位は、映画化を果たした『PとJK』。土屋太鳳さんとKAT-TUN・亀梨和也さんが共演していることでも注目を集めています。ぜひ、原作と映画のちがいを楽しんでみてください。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

(マイナビウーマン編集部)

お役立ち情報[PR]