お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家男女の本音 出会い

第一印象と恋愛の関係とは? 第一印象を良くするコツ【専門家監修】

小日向るり子

第一印象は、人間関係を築く上で重要なポイント。特に、好きな人に第一印象が「最悪」だと思われたら……。女性としてはいたたまれないですよね。そこで今回は、男性は初対面の女性のどんな部分をチェックしているのか、本音を大調査! さらに、心理カウンセラーの小日向るり子さんに、第一印象で決まることや恋愛との関係性について、解説をしてもらいました。

pexels-photo-289825

■第一印象でチェックされている部分って?

その人の魅力は一度会っただけではわかりませんよね。とはいえ、はじめて会ったときの印象は、相手のイメージを決める重要な要素となります。では、男性たちははじめて会った女性のどんな部分をチェックしているの? アンケートと専門家の意見から探っていきましょう。

◇男性は初対面の女性のどこをチェックしてる?

pexels-photo

男性は初対面の女性のどこをチェックしているのでしょうか? まずは、387人の男性に、初対面の女性を見てチェックしているポイントを聞いてみました。

Q.あなたは初対面の女性のどんな部分をチェックしますか?

第1位 顔(66.7%)
第2位 仕草(7.8%)
第3位 服装(6.2%)
第4位 髪型(5.7%)
第5位 声(5.2%)
(※)有効回答数387件。単数回答式、6位以下省略・その他除く

第1位はやはり「顔」。圧倒的多数の男性が、初対面の女性の顔をチェックしているようです。第2位以下は「仕草」「服装」が続きますが、いずれも得票率は1割以下。男性が見ているのは女性の顔なのですね。

◇心理カウンセラーが解説! メラビアンの法則とは?

istock-627287024

多くの男性が「顔」をチェックしていることがわかった今回のアンケート。では、専門家が教える、相手に印象を与える要素とは? 心理学で提唱される「メラビアンの法則」を踏まえて、心理カウンセラーの小日向るり子さんに解説をしてもらいました。

メラビアンの法則とは、アメリカの心理学者であるアルバート・メラビアンが、1971年に論文「Silent messages」の中で発表した研究結果を法則化したものです。メラビアンが行った実験は次の通り。まず「ありがとう」などの好意を表す言葉と「憎い」などの反感を表す言葉を準備し、次に「好意」と「反感」を表現した音声と顔写真を準備します。そして、これらの言葉・音声・写真を組み合わせて被験者に提示し、どう感じたかを判断してもらったという研究です。

たとえば、イライラした表情と音声で「ありがとう」という言葉を聞かされた被験者が、好感よりも反感の感情を受け取った割合が高かったとしたら、それは言葉より表情や音声のほうが人への印象を左右しているという判断になりますよね。

この結果、言葉(言語情報)・音声(聴覚情報)・写真(視覚情報)の3要素に矛盾があった場合に相手が重視する割合は、「言語7%・聴覚38%・視覚55%」となりました。これがメラビアンの法則。

つまり、印象というのは言葉以外の情報(視覚・聴覚)で9割が決まってしまうのです。この結果からも、会話をはじめる前に男性の視界に入る視覚情報(髪型、服装、メイク、顔の表情)や、聴覚刺激となるあいさつの声はとても大切だということがわかりますね。

◇心理カウンセラーが伝授! 第一印象で決まる2つのこと

pexels-photo

では、この第一印象によって具体的に決まることとは? はじめて会ったときの感覚によって、人間はどんなことを判断するのか、こちらも小日向さんの見解を聞きました。

心理学的には、第一印象は6秒で決まると言われています(※もちろん個人差はありますが)。ドアを開けて入ってきた場合、「初めまして」「こちらこそ、初まして」といって顔を上げるまで、これがだいたい6秒。ですから、この間にざっくりと「好き」か「嫌い」かが分かれてしまうのです。

では、その判断はどんなところでされているのか、もう少し細かく見てみましょう。

(1)清潔感覚が合うかどうか

どこからが「不潔」になるかという境界線は非常に個人差があります。どんな髪型をしていても気にならないという人もいれば、髪の毛のつやがないだけで「不潔」と感じる人もいます。

ビジネスの場所にジャージ、などというよほど場違いな格好以外、服装というのはセンスの問題ですので、あまり問題視されません。それよりも、まずこの「不潔」「清潔」の感覚が自分と合うかどうかということを第一印象で判断します。

(2)恋愛対象となるかどうか

女性の胸やお尻に目がい行っている男性は、女性に「いやらしい! 気持ち悪い」と嫌悪されがちですが、生物学的にいうとこれは仕方のないこと。なぜなら、安定感のあるお尻は安産の象徴ですし、胸は子どもに母乳をあげる、つまり育てるために大切だからです。

どちらも男性というより生物学的な「雄」の本能で、この女性は恋愛対象か、さらに言うと性愛対象として家庭を作ることができるか、という視点でその部分を見てしまうものなのです。胸元が大きく開いた洋服や、体形がわかるような洋服を着て合コンなどに来る女性は同性からは嫌がられますが、恋愛対象としての存在アピールには実は合理的だと言えます。

お役立ち情報[PR]