お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男性不信の症状って? 男性不信の原因と克服方法

松山真己

恋愛による男性不信を克服するには?

では、恋愛でのトラウマが原因で陥ってしまった男性不信を克服するには、どうしたらよいのでしょうか? こちらも、臨床心理カウンセラーの松山真己さんに聞いてみました。

男性不信に陥っている女性の心理状況とは?

istock-482565780

まずは、男性不信に陥っている女性の心理状況について、松山さんの解説を見ていきましょう。

男性に対して「怖い」と思っている人は、未知による不安を恐怖心に繋げている場合と、過去の体験によりトラウマを抱えている場合が考えられます。どちらも自己防護のため、男性を排他的に扱う傾向にあり、平穏に暮らすためには「できるだけ男性とは関わりたくない」と思っています。

また、「男なんて信用できない」と思っている人の場合は、以前、男性に対して抱いた恨みや悲しみといった感情が未解決であるために、別の男性に対してもその感情を無意識に投影させてしまうといった傾向があるようです。「男性はみんな同じで、この男もきっと信用できないに決まっている」という先入観を持ち、決めつけてしまうのです。過去に、自分を傷つけた男性に対する復讐心を、同じ男性であるというだけの相手に対してぶつけてしまうこともあるでしょう。

心理カウンセラーが教える「男性不信の治し方」

istock_96041803_large

男性不信を治すには、具体的にどのような克服方法が有効なのでしょうか? 松山さんにアドバイスをもらいました。

無理に男性不信を治そうとしないことがポイントです。まずは、今の自分を受け入れることからはじめましょう。体力が落ちているときに過剰な運動ができないのと同じです。男性不信は人間不信が男性に特化したもの。心が弱って臆病になっている状態です。

人間は、これ以上傷つきたくないという思いから自分を必要以上に防護しようとします。こんなときは、自分にとって心地のいい恋愛映画やドラマ、小説を見るところからはじめてみてはいかがでしょうか。主人公の立場になって妄想してみることも大事です。実際の男性は苦手でもいいのです。無理に男性と話さなくたって生きてはいけます。そのままでもいいのです。まずは「男性不信」を自分のネガティブ要素と捉えることから解放されること。そうすることで徐々にですが、冷静な判断力や現状認識、それに伴う感情を見つめられるようになるはずです。

次ページ:まとめ

SHARE