お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

悪気はない? 彼氏のためを思ってついたウソ・5つ

ファナティック

b46eec7d84775c754ccba4f3a10f27c0_sカップルの関係において、何もかもを見せ合うことで、いい関係を築ける場合も多いでしょうが、相手のことを思えばこそのウソをついたことがある、という方も少なくないようです……。正直に話した方がいいかもと思いつつ、言い出せない。そんな経験、みなさんにもありませんか? 今回は、「彼氏のためを思ってついた」という女性たちのウソについて本音を聞いてみました。

■飲み会に男性がいたこと

・「男性の先輩ばかりの飲み会が多いのですが、暗黙の了解で会社の飲み会としか言っていません」(24歳/食品・飲料/営業職)

・「男性と飲むときに女友だちと飲むと言う」(27歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

飲み会があるときに、その場に男性がいてもあえて黙っておく。彼氏を心配させたくはないし、自分自身も気兼ねなく飲み会に参加するためには、参加者の性別くらいはウソをついても……という気になるようですね。

■過去の交際人数

・「今まで付き合った人の数。実際の人数より、少なく言っています」(24歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「過去の異性関係はウソをついている。正直に話をしたら、絶対に引かれてしまうと思うから」(30歳/その他/営業職)

過去に付き合った男性のことを気にしないという彼氏でも、あまりにも人数が多いとさすがに引いてしまいそう。彼氏にショックを与えないためにも、過去の交際人数は過少申告しているという女性も少なくないでしょうね。

■収入を控えめに

・「私の方が稼いでいるけれど、少し低く言っている」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「そんなに稼いでないと言う」(25歳/生保・損保/事務系専門職)

お金の話というのはデリケートな部分。年齢や職種によって差があるとわかっている収入も、彼女より低いと知ったら落ち込んでしまう男性は多そう。引け目を感じさせないためにも収入は彼氏より低めに伝えてあるという人もいるようですね。

■初めての相手と言ってある

・「本当は初めての彼氏ではないが、秘密にしている」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「付き合った人はあなたが初めてといっているが、実際はちがう」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

男性の中には、自分が彼女にとって初めての相手だということにステータスを感じる人もいるそうですが、その自信を打ち砕かないためにも元カレの存在は秘密。「あなたが初めて」というだけで彼が満足するなら、それもアリ? とはいえ、リスクをともなうことはお忘れなく。

■本音を言わない

・「本音は言わない。料理がおいしくなくても、おいしいという」(24歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「いらないものをプレゼントされても、喜ぶ振りをすること」(26歳/その他/事務系専門職)

どんなときも自分の本音は言わず、彼が喜んでくれるように振る舞う。あまり、自分を抑え過ぎるとしんどくなってしまいそうですが、彼のためなら本音を押し殺すことも厭わないという女性もいるようです。

■まとめ

彼氏に嫌われないためでもあるけれど、彼氏を傷つけたり、寂しがらせたりしないためのウソでもある。思いやりの気持ちでつくウソは、彼氏にも許してもらえそうな気がするという女性も多いかも。もちろん、ウソをつかずにすむのが一番ですが、そうはいかないことも多いもの。ウソをつかないのも、ウソをつくのも女性なりの愛情表現の方法かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年3月にWebアンケート。有効回答数134件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]